アートの定理

「芸術鑑賞はエンタメ!」 を伝えるため、テンション任せな自由ブログを運営中。 展覧会の感想、作品の考察、ミュージアム私小説など、1人井戸端会議を綴っています。

ラファエル前派の軌跡展 主観レビュー。若くて健康でツヤツヤしている人は、私とは住む世界が違うんだと思います。 昼よりも夜を愛し、世をしのぶ仮の姿で生きている私たち。 だからかな、ラファエル前派の元気が無い絵に惹かれているのです。 ジョン・エヴァレット・ミレ …… Read More

ラファエル前派展 コラボデザートの食レポ。ピンクのスイーツ! 三菱一号館美術館で開催中の「ラファエル前派の軌跡展」、コラボデザートです。 併設のCafé1894で食べてきました。 展覧会のポスタービジュアルにもなっている、ロセッティの《ウェヌス・ウェルティコルディ …… Read More

VOCA展 2019 主観レビュー。「平面」を共通項に作品が集まったVOCA展。 規定サイズの中で、何枚組で行くのか、1枚の大きさはどうするのか… など、パズルを完成させるように平面作品ができていく様子を妄想できて楽しかったです。 サイズが決まっている押入れに私物をしまう …… Read More

油絵 新関創之介の創世日記 主観レビュー。新関さんの絵を初めて見て、一番印象的だったのがこちら。 新関創之介《カルセオラリア》(2018年) よく分からない謎の花びらと滑らかな葉っぱのギャップが大きくて… カルセオラリアという花は絵を見るまで知らなかったのだけど、 …… Read More

タワン・ワトゥヤ:クイーン 主観レビュー。「ミスコンって差別的じゃない?」 と、誰しも多かれ少なかれ思ったことはあるでしょう。 本当に男女差別や女性蔑視にあたるかどうかは別として、一度くらい思ったことはあるのでは? 2019年 nca「タワン・ワトゥヤ:クイーン」展 …… Read More

アートフェア東京2019 PERROTIN 主観レビュー。アートフェア東京は有楽町の東京国際フォーラムのホールEという、就活の合同説明会でも使われる広い場所で開催されました。 なので、会場に入る前にとりあえず上から見て、面白そうなブースがどこにあるか確認してからインしま …… Read More

アートフェア東京2019 ex-chamber museum 主観レビュー。遠目から見たときは、盆栽的な作品かと思ったんですけれども。 小野川直樹《rise》 近づいてビックリ。 白い部分は全て折り鶴でできています。 1〜1.3センチ四方の紙を折って、1羽ずつ手で作られています。 よく見る …… Read More

アートフェア東京2019 主観レビュー①。私、オオカミの首周りのたぷたぷフェチなんですよねー。 瀬戸優《月を知る-オオカミ-》 特に冬のオオカミは最高で、毛も二段になるし脂肪も付くし、ふっかふかなの。 …触ったこと無いけど。 瀬戸優さんの作品は、テラコッタでできて …… Read More

アートフェア東京2019 Gallery花影抄 主観レビュー。幻の生き物、ドラゴン。 でも、みんな共通のドラゴン像を思い浮かべられるのは、アートが伝承してきたからなんじゃないかしら。 佐野藍《アルビオンの陽》 そんな歴史あるドラゴンをテーマに制作している佐野藍さん。 大 …… Read More

↑このページのトップヘ