アートの定理

「芸術鑑賞はエンタメ!」 を伝えるため、テンション任せな自由ブログを運営中。 展覧会の感想、作品の考察、ミュージアム私小説など、1人井戸端会議を綴っています。

シンガポールでチームラボ感想レビューチームラボといえば、アート遊園地。 日本だとお台場のチームラボ・ボーダレスだよね。 チームラボ・ボーダレス《ランプの森》(2018年) ※お台場の様子。参考画像 ところ変わってシンガポール。 なぜかチームラボの作品が多い! 今日の …… Read More

Handmade Readymades 感想レビューレディメイドといえば、アート界ではこれだよね。 マルセル・デュシャン《泉》(1917年)(アルフレッド・スティーグリッツ撮影) 泉…いや、うん、そう、便器ね。 マルセル・デュシャンの問題作。 既製品(レディメイド)に芸術家のサインが入 …… Read More

Wind Walkers 感想レビューテレビで1度は見たことあるよね、これが砂浜を歩いているところ。 テオ・ヤンセンとストランドビーストのパネル展示 テオ・ヤンセンのストランド・ビースト。 後ろから風を受けてうねるように歩く、人工の生き物たち。 水平移動のスムーズさに驚く …… Read More

ギルマン・バラックス感想レビュー② Kim Joon無理だろ…ってくらいボロいの、ギルマン・バラックス。 あまり活気はない…という残念な第一印象。 平日だったから? それでも、ギャラリーの皆さんは頑張ってる。 ニューヨークのサンダラム・タゴール・ギャラリーもシンガポ …… Read More

ギルマン・バラックス感想レビュー① 大畑伸太郎 Resonate。ミヅマ・ギャラリーがシンガポールにあるとは思わなかったなぁ。 大畑伸太郎さんの個展、最高だったね。 大畑伸太郎《In a corner of the world》(2016年) まず「本物の人間がいる!」って空目しちゃった。 ゾッと …… Read More

50年から70年へ。 今日は50年から70年に変わるアイツのことを書きます。 そうです、著作権の有効期間です。 TPPでなぜかアメリカルールに合わせることが決まった著作権。 これはいつ有効になるか? 誰の絵が保護されるのか? 直接的には同業のブロガーさんや、美術展のグ …… Read More

↑このページのトップヘ