クレープシュゼットの食レポです。

三菱一号館美術館で開催中のオルセーのナビ派展。
併設カフェであるcafe 1894ではコラボスイーツを食べることができます!
こちらがそのクレープ・シュゼット!
image
¥880(税抜)→安いですよね!

公式HPの写真が綺麗すぎたため若干不安があったのですが、
イメージ写真と寸分違わぬ盛り付けです!
オルセーのナビ派展 タイアップメニュー


ちなみに展覧会の感想はこちら
オルセーのナビ派展の感想と楽しみ方


ひんやりアイスとあったかクレープのフュージョン!

見てください!バニラアイスがクレープの上で溶けて美味しそうー!
image

オレンジの酸味とブランデーキャラメルの苦味が合わさって最高に贅沢な美味しさ!
さらにバニラアイスの甘みが丁度良いです!
アイスの近くにスライスアーモンドがあるの分かります?
パリパリした食感がプラスされ、しっとりしたクレープに華を添えています。
image

アイスが溶ける前に、クレープと一緒に食べましょう!

別の角度から撮ってみた写真です。
image

オレンジが2種類ありますね。
皮を剥いた生のオレンジはフレッシュでとてもジューシー!
ソースの味が濃厚なので、さっぱり箸休め的な。
箸じゃないけど!

もう1種類はドライオレンジです。
旨みがギューッと凝縮されていて、噛めば噛むほど味が出てくる!
スルメじゃないけど!
皮ごと乾燥させているので皮の苦味が強めです。
弊職はオレンジピール大好きなのでウェルカムですが、皮の苦味が苦手な方は無理して食べなくても良いかもしれません。

さらにさらに!
お皿の余白部分に乗っているわさわさしたオレンジピール
(美術が好きだからといって表現力があるわけではない)
甘くて苦くて大人の味です!


結構アルコールが強いです

キャラメルソースにブランデーが入っています。
お菓子に入っているアルコールって大したことないイメージですが、こちらのクレープはしっかりとブランデーの香りと味を感じられます。

つまり、アルコールがばっちり入っているということです!
あなどるなかれです。
お子さま、運転者の方は残念ですが控えておきましょう。
弊職は空きっ腹だったこともあり、普通に酔っ払いました。

逆に昼間からお酒でも大丈夫というセレブなあなたにはオススメです。
まだまだ寒い日が続きますが、クレープの温かさとお酒の効果で体はポカポカです。

余談ですがアップルパイの評判も良いそうです。
お酒を飲めない方やブランデーが苦手な方は、アップルパイがおすすめです。


そもそもクレープシュゼットとは?

食べた後に調べたのですが、フレンチレストランで食べられるデザートだそうです。

フライパンでぐつぐつクレープを煮るのですが、フランベが派手なのでお客さんの目の前でパフォーマンスを兼ねて作ってくれるところも多いんだとか。

image
フランベ!(画像はイメージです)

オルセーのナビ派展公式HPには

ナビ派の特徴である「平面性」と「装飾性」をオレンジで表現した、Café1894初のクレープ・シュゼットです。オレンジカスタードクリームの入った温かいクレープに、ブランデーがほのかに香るオレンジキャラメルソース、冷たいバニラアイスが溶け合います。 Café1894オリジナルの大人スウィーツをご堪能ください。

と記載してありますが、確かにケーキよりもクレープの方がナビ派のイメージに合う気がします。

image
モーリス・ドニ「ミューズたち」(1893年)オルセー美術館

この絵のようにパーツが重ならず、お互いに引き立て合っています。
見た目も味も!
(葉っぱの形とオレンジの断面が似てると思います)

まとめ

大人の甘苦スイーツ!
おしゃれな店内で食べる非日常デザート。
カフェタイムの14:00〜17:00限定なので、みなさんもぜひ行ってみてくたさいね!


オレンジチャイも飲んでみよう!

image

同じくナビ派展コラボのオレンジチャイも同じ時間帯に頂けます!
初体験のこってりチャイでした!

食レポはこちら
オレンジチャイの感想




オルセーのナビ派展公式HP タイアップメニュー

オルセーのナビ派展の感想と楽しみ方

記事を読んでくださり、ありがとうございました!
良かったら応援クリックお願いします!
にほんブログ村 美術ブログ いろいろな美術・アートへ
にほんブログ村