ミュシャの作品を電子書籍で堪能しよう

image
本屋や展覧会で画集を買うことがあると思いますが、どれも結構お高いんですよね。
しかも重い…

電子書籍で良いの無いかな?
と思って探したところ、ミュシャの画集で良いものが見つかりました!

「無料サンプルを送信」で最初の数ページを見ることができます。
しかも、その数ページには収録作品の縮小画像が載っているので、好きな作品が載っているか確認してみてくださいね!





〜目次〜
1. 画集の概要
2. 良いところ
 ①ミュシャの人生早わかり
 ②コンパクトな解説
 ③100点もの作品
3. 良くないところ
 ①文章量が少ない
4. まとめ


画集の概要

書籍名:アルフォンス・ミュシャ画集: スラヴ叙事詩全解説付き (世界の名画シリーズ)
編集:楽しく読む名作出版会
価格:¥250 (Kindle)
Kindle Unlimited:対象

収録作品数:約100点
演劇ポスター、広告ポスター、更にはスラヴ叙事詩全作品など多岐に渡ります。



良いところ

①ミュシャの人生早わかり

ポスターや商品パッケージ、油彩、といった流れでジャンル分けされているのですが、
これが概ね時系列になっているんです。
ですので、ミュシャが演劇ポスターで名を上げ、商品パッケージを担当したり、晩年にスラヴ叙事詩を描いたり…という生涯が理解できる構成です。

ストーリー性があり、ミュシャの人生の絶頂どん底もよく分かる解説になっています。
ミュシャの言葉も少々引用されていますよ!

わたしたちが目指すのは金持ちのための芸術ではなく、民衆にも手の届く芸術である

と画集にもあるように、彼は芸術はみんなのものであると考えていました。
そしてスラヴ民族のために絵やポスターを描くのですが、その愛国心に目をつけたナチスの犠牲に…

幸せな雰囲気を纏うアールヌーボーの画家として知られるミュシャですが、
歴史に翻弄された悲劇の芸術家という意外な素顔に驚き、心が抉られました。



②コンパクトな解説

250円と低価格ということもあり、文字は少なめで作品を堪能する構成になっています。
その分、無駄がなくシンプルな解説であるため、絵を見ることに集中できます。

また、「詳しすぎない」という点でミュシャ初心者にとてもおすすめです!
一般的に売られている画集だと小さい文字の解説が豊富すぎて疲れてしまうことがありますが、
この画集はそんな悩みとは無縁です。
ミュシャの絵を理解する上で重要な部分だけ、ざっくりと解説してくれています。

また、展覧会の予習としてもとても役に立ちます。
国立新美術館でミュシャ展が開催されていますが、連日大混雑で作品横の解説を読むのも一苦労な状態なのです。
一度で良いので画集で解説に目を通しておくと、当日は絵を見ることにより集中でき、混雑の中でも有効に時間を使えることでしょう。

実はこの画集、2017年3月のミュシャ展に合わせてリニューアルされています!
なんと、スラヴ叙事詩を網羅するようになりました!
展覧会の公式カタログを買えなかった方も、こちらの画集をご覧になってみてはいかがでしょうか?



③100点もの作品

ミュシャが有名になるきっかけとなったサラ・ベルナールのポスター全作をはじめ、
広告ポスターや装飾パネルなど様々な作品が収録され、その総数は約100点です。
もちろん、この中にはスラヴ叙事詩全作品20点も入っています。

つまり、2017年のミュシャ展に出展された作品はほとんど網羅されています。
(彫刻や切手を除く、という意味です。ポスターと絵画は全て網羅しています)

しかも作品の全体像だけでなく、拡大した図も載っています。
ミュシャの作品は女性のアクセサリーなどディティールが細かく描かれているので、
拡大図が載っていると細かい所までよく見ることができて嬉しいですよね。



良くないところ

①文章量が少ない

価格相当なので当然ですが、やはり文章の量は少ないです。
ここは展覧会公式カタログに軍配が上がるところです。

しかし、250円というお手軽価格であることを鑑みると、非常にお得な内容だと思います。
初心者でもとっつきやすい内容と文章量ですので、試してみて損は無いでしょう。

100点もの作品が収録されていて250円なんて安すぎるように思えますが、ミュシャの作品は著作権が切れていますのでね。
絵に対価は必要なく、250円は単純に文章やレイアウトなどに支払うお金なのです。



まとめ

忙しい人のためのミュシャ作品集です。
じっくりミュシャ研究者の解説を読みたい方には展覧会公式カタログが合っていますが、
さらっと作品を眺め、必要とあらば解説も読みたい方にはこちらの画集の方が合っています。

また、公式カタログは現在品切れ続出で、Amazonでは購入できなくなっています。
今回紹介した画集ならKindleだから品切れも送料も無いし、すぐに読めて便利ですよね。

Kindleだから持ち運びも簡単です!
弊職は通勤時間中に読みました。
こんな使い方ができるのも電子書籍ならではですね!

というわけで、とってもおすすめなアルフォンス・ミュシャ画集。
無料サンプルで全収録作品の小さい画像を見られますので、サンプルだけでも見てみてくださいね!





関連記事
ミュシャ スラヴ叙事詩展の感想と楽しみ方
ミュシャと堺市の関係は?ドイ・コレクションって何?