バターチキンカレーの食レポです。

森美術館で開催中のN・S・ハルシャ展。
同ビル52Fにあるカフェ THE SUN では展覧会コラボのカレーを食べることができます!
こちらがそのバターチキンカレー!
image
¥1,280(税込)

チキンと獅子唐がごろっと入っていて美味しそうですね!
そして辛そうな色!!
ご飯が白の写真もあるのですが、3/1以降はこのブログと同じピンク色です。

THE SUN公式HPはこちら。
 ハルシャ展 タイアップメニュー
タイアップ期間は4/5までで展覧会より早く終わってしまうので、気をつけてくださいね!


ちなみに展覧会の感想はこちら
N・S・ハルシャ展:チャーミングな旅の感想と楽しみ方


辛いのが苦手な人も安心な甘口!

実は辛いものが苦手な弊職。
普通のカレーは辛すぎて食べられません。
子供向けの甘口カレーしか食べられないのです。

今回のコラボカレーはパスしようかと思いましたが、これもブログのためだと思って…

image


とビビっておりましたが、なんと全然辛くない!
むしろココナッツの甘ささえ感じられます。
バターとココナッツのおかけでとってもマイルドな口当たりになっています。
辛いものが苦手な人でもバクバク食べられます!

ただ、ココナッツの味がかなり強いです。
日本のカレーとは異なり、甘さも引き立つ甘辛カレーでした。
ココナッツが苦手な人はやめておいた方が無難だと思います。


具材のアクセントとハーモニー

カレーってとても味が濃いので、ずっと食べていると飽きるんですよね。
でも、ハルシャ展コラボカレーは具材の味が引き立つので、最後まで飽きないです!

image
N・S・ハルシャ「宇宙情報処理センターでの名優」(2015年)
この写真は「クリエイティブ・コモンズ表示-非営利-改変禁止 日本」ライセンスでライセンスされています。

カレーもこの作品と同様に、全体として調和しながらも、
個々の登場人物がビビッドに主張してきます。

まず、チキン。
くったくたに煮てあるので、スプーンでほぐして食べられます。
旨味が詰まっていてカレーとの相性は最高です!
味音痴な弊職は白身魚だと思っていたのですが、チキンだったようですね。
カレーからブイヤベースっぽい味がしたのですけれども…

次に、獅子唐!
カレーに獅子唐って辛いもの×辛いものというイメージで怖かったのですが…
カレー自体が辛くないので、獅子唐のフレッシュな刺激が丁度良いアクセントになっています!

ラストはパクチー!
ご飯の上に少し載っている緑の葉っぱがパクチーです。
好き嫌いが分かれる野菜ですが、弊職はパクチーが大好きです。
あの独特の香りがカレーの味に変化をつけてくれて、急にエスニックになります。

ちなみに、ご飯のピンク色は何の色なのか不明です。
特に味がついているわけではありませんでした。
また、お皿の余白にかけてあるピンクのパウダーも正体がよく分からないです。
まあ、あえてパウダーまで食べないですけど…


ご飯とカレーの配分に注意!

ご飯がかなりボソボソしている一方、カレーはシャバシャバなんですね。
日本のカレーとは全く違った食感です。

要するに、ご飯とカレーを上手いバランスで食べることが重要になります!
最後、ボソボソのご飯だけ余ってしまうと食べづらいと思います。
逆に、良いバランスで食べるとご飯の歯応えも美味しく頂けます。

ご飯は長細いお米ですので、日本のお米ではないですね。


南インドのカレー

image
※画像はイメージです。

展覧会公式HPによると、コラボカレーはN・S・ハルシャの出身地である南インドをイメージしたカレーなのだそうです。

南と北とではカレーの特徴も違うらしく、大まかには以下のような特徴があります。
南インド:シャバシャバでココナッツミルクを使う
北インド濃厚で牛乳や生クリームを使う

コラボカレーはシャバシャバでさっぱりしていますし、日本人に合うカレーだと思いました。
本場の南インドもこんな感じのカレーなのでしょうか?
カレーは苦手なはずなのに、なんだか興味が湧いてきました。


ランチマットが貰える!

image
N・S・ハルシャ「人間的な未来」(2011年)(部分)

出身のバラバラな人間たちや、様々な動物たちがインド流の食事をしています。
動物の親子が混ざっているのがかわいいですよね。
ペンギン、カンガルー、パンダなどなど。

紙のランチマットなので持ち帰れますし、大きさ的にポスターにしても良いかもしれません。


まとめ

カレーが苦手な人にもおすすめしたい!
南インドの本格派バターチキンカレー!
マイルドなカレーだけれど、それぞれの具材が良いアクセントで主張する所は、ハルシャの作品を食べているかのよう。
とっても美味しく頂きました!

補足情報ですが、4/1、4/2は貸切イベントなので食べられません。
他の日を狙ってみてくださいね!


ハルシャ展 タイアップメニュー

N・S・ハルシャ展:チャーミングな旅の感想と楽しみ方


記事を読んでくださり、ありがとうございました!
良かったら応援クリックお願いします!
にほんブログ村 美術ブログ いろいろな美術・アートへ
にほんブログ村