いちはらアートミックス2017、月出(旧月出小学校)に行ってきました。

image
開放的な里山で作品ものびのび!

屋内の展示も良いのですが、外の展示が特に良かったです。
太陽の当たり方によって見え方が変わりそうなところも非常に綺麗です。
この記事では、弊職が最高だと思った展示を見どころとしてご紹介しますね。


〜目次〜
1. 展覧会の基本情報
2. 気になる混雑状況は?
3. 月出工舎(旧月出小学校)でおすすめの作品
 ①岩間賢「うたつち」
 ②岡博美「たゆたう」
 ③鈴村敦夫「つながる波紋」
4. まとめ
5. おまけ:ニワコヤさんの食事
6. 関連情報


展覧会の基本情報

展覧会名:いちはらアート×ミックス2017
場所:市原市
最寄駅:IAAESは里見駅から無料周遊バスで7分
会期:2017/4/8〜5/14
作品数:約20点
所要時間:1時間
観覧料:一般は共通パスポートは2000円



気になる混雑状況は?

基本的には混んでいないです。
天候に左右されると思うので、雨天の場合はガラガラでしょうね。
天気が良くても、かなり空いている方です。

周遊バスが1時間に1本程度なので、他のお客さんと一緒に移動するような感じになります。
みんな移動のタイミングが同じなので、それも面白いです。



月出工舎(旧月出小学校)でおすすめの作品

①岩間賢「うたつち」

image

どうです!この大きさ!
プールの中からどーんとそびえ立つ、土の彫刻がニョキニョキ出てるんですよ!

そう、これ、土でできてるんですね。
雨が降ったらどうなっちゃうんだろう?とか、儚い運命を妄想してしまいます。
(いや、もしかすると弊職には分からない工夫がなされていて、案外頑丈という説も考えられます)

なめらかな曲線といい、うさぎの耳のような突起といい、フォルムがとても可愛らしいのです。
一方、風が吹いただけで壊れてしまいそうな、脆そうにも見えます。
もし雨が降ったら土がどさーっと崩れて、プールが土で埋まってしまうのではないでしょうか。
折角作り上げた立派な作品が消えて無くなってしまうというのは切ないです。

閑話休題。
「水泡に帰す」という表現がありますが、同義語で「泡沫(うたかた)」というものがあります。
泡のことなのですが、消えてしまって儚いものの喩えにも使われます。

この作品のタイトルである「うたつち」は、「泡沫」をもじったものなのでしょう。
市原の田舎まで来てこんなに胸がきゅーっとなる体験をするとは思ってもみませんでした。(失礼)

image

同じく岩間賢の「蔵風得水」です。
こちらは2014年のいちはらアートミックスで展示されたものだそうです。
木が根こそぎ倒れていますが、どこまでが自然で、どこからが岩間さんの手による加工なのでしょうか?

それにしても「うたつち」はこんな風に何年も残せないですもんね…
今しか見られない胸きゅんアートです。



②岡博美「たゆたう」

image

残念ながら逆光…しかし、柔らかな光が窓から差し込み、穏やかな空間でした。
女性的な感性が溢れる作品ですね。

真ん中で浮いているのは、お風呂かな?
(芸術が好きだからといって高尚な感想が言えるわけではない)

カーテンもお風呂も、パステルカラーの水玉に染められています。
布も染めもとても繊細で、おっかなびっくりお風呂を覗き込んでしまいました。
誤って少しでも触れてしまったら壊れちゃいそうじゃないですか…

イメージとしては、教室の中に残る思い出・記憶がふわふわ浮かんでいて、
それがお風呂に捕らえられているのかな、と思いました。
記憶の残像がぬるま湯の中でゆらゆらしているように見えます。

廃校の校舎で大人しく眠っていた記憶が、お風呂に浸かってエネルギーを取り戻している、みたいな。
で、居心地が良すぎて出られない、みたいな。

ハリーポッターに出てくる憂いの篩のイメージかな?
「たゆたう」はもっとメルヘンなんですけどね。



③鈴村敦夫「つながる波紋」

image

これ!月出工舎の一番最初に出会う作品です。
なぜなら、校門の階段だから。
作品だと気づかないレベルでさりげない展示です!
日常生活に完璧に溶け込んでいて、アートって身近だなーと改めて感じさせてくれます。

一方で、よく見ると踏むのが勿体無いくらい綺麗なモザイク画なんですよね。
タイトルは「つながる波紋」ですが、この波紋は下に流れていくだけなのか?
いやいや重力に逆らって上に登っていくのでは?
そう思わせるほど動的な色と形です。

image

上から見るとこんな感じ。

階段の性質を生かした音楽的な作品ですよね。
1段1段踏んでいくステップと、モザイク画のリズミカルなエネルギーが噛み合って、音楽になるような感じ。
テンションが上がります。



まとめ

開放的な里山で誰もが子ども時代のピュアさを取り戻せる!

時間がゆったりと流れる月出工舎では、癒し系の展示が印象的です。
現代アートというと鑑賞者を挑発してくる側面がありますが、この会場の作品は落ち着いています。
平日のお仕事の疲れも和らぐでしょう。

月出工舎には他にも色々な意味で自由な作品があって面白いです。
作品数少なく、1時間もあれば十分ですが、きっと気に入る作品に出会えます!


おまけ:ニワコヤさんの食事

image
門を潜って左手側にある、お食事処です。
(営業時間:4/13〜5/13の木〜日、5/1〜3、いずれも10時〜17時(5/5、5/6を除く))
一度に入れる人数は少ないのですが、美味しいカフェご飯を頂けます。

image

¥1,000の限定ランチ。
月出で採れた野菜を使っています。
この日は鶏肉とフキと厚揚げの煮物や、菜の花と春キャベツの甘酢和えなど。
弊職のお気に入りはこごみとたけのこの天ぷらです。
めちゃくちゃ美味しかったです。

image

レモネードも頂きました。(¥500、ランチとセットで¥400)
黄色いのはコップの柄で、実際はもっと健康的な色です。
こちらもレモンの瑞々しいすっぱさと、甘いお砂糖が丁度良すぎて…
暑い日だったのですが、疲れが吹き飛ぶ一杯でした。

後ろに写っているのはビール瓶です。
ビールは3種類あったので、飲み比べも面白いかもしれないです。



関連情報

こちらの記事もご参考にどうぞ。
IAAES(旧里見小学校)の見どころ:いちはらアートミックス2017
里見エリア日帰りモデルコース(いちはらアートミックス2017)
【緊急】いちはらアートミックスのガイドブックを入手しました。


公式HPはこちら
いちはらアートミックス2017 公式HP



ツイッター始めました。
アートの定理ツイッター