横浜トリエンナーレ、横浜市開港記念館に行きましたか?

image
最高にバッドエンドな終末の迷路!
規模が小さそう…と侮ることなかれ!
たった1人のアーティストが作り上げた、ノストラダムスの大予言に勝る問題作。
これが横浜トリエンナーレのやり方か!!(おかずクラブ)


〜目次〜
1. 展覧会の基本情報
2. 例えばこんな作品がありました
 ①伏線バキバキのストーリー
 ②未開拓の地下室
 ③スタッフさんの優しさが眩しい
3. 逆に惜しかったところ
 ①入り口が分かりにくい
4. まとめ
5. 関連情報


展覧会の基本情報

展覧会名:ヨコハマトリエンナーレ2017「島と星座とガラパゴス」
場所:横浜美術館・横浜赤レンガ倉庫1号館・横浜市開港記念会館
最寄駅:みなとみならい駅(横浜美術館)、日本大通り駅(横浜赤レンガ倉庫・横浜市開港記念会館)
会期:2017/8/4〜11/5
観覧料:一般は3館共通で1800円

【横浜市開港記念会館の展示概要】
作品数:約5点(体感)
所要時間:15分
ロッカー:不明。大きな荷物はスタッフが預かってくれます。



例えばこんな作品がありました

①伏線バキバキのストーリー

さて、この会場は特殊です。
パンフレットの通り、作品を展示している作家が1人しかいません
しかも、横浜市開港記念会館の地下で開催されているのです。
地下室は普段は入れない場所らしく、確かにあまり活用されていない雰囲気です。

どんな作品があったか、早速紹介していきましょう。

image
ギャー!!

image
ギャー!!!

image
ギャー!!!!

なんていうか、これは写真で紹介するのは良くない気がするんですよね…。
凄く怖い展示なんですよ。

スマホの画像では全く伝わらないので、勿体無いなぁ…。
しかも、普段通りハイテンションで斬っていく余裕が無いです。
問題作って最高

とはいえ、全く紹介しないというのも勿体無い。
勿体無いの板挟みで苦しい…なので紹介します!

image
柳幸典「蟻と日の丸」
CC BY-NC-ND 2.1 JP

唯一明るい部屋にある作品。
ちょっと奥まった所にあるので見逃されがちです。
最初の方にあります。
1周して分からなかった人はスタッフさんに聞いてみてください。

さて、この作品は赤と白の砂で国旗を作り、その中に蟻を放ち、巣作りによって国旗が壊されるというものです。

最初の方の作品なのに、もう不穏…。
小さな蟻が国旗を侵食していく様子は、小さな歪みが国家を壊していくかのようです。
または、小さな革命児が国を作り変える様子なのでしょうか。

さて、他の作品も見てみましょう。

image
柳幸典
CC BY-NC-ND 2.1 JP
(タイトル不明です)

結構大きい作品なのですが、暗くて大きさが伝わりませんね!
目玉の周りを廃材で固め、雰囲気が盛られていたり、見どころが多いのですが、
スマホカメラの精度が低くて逆に良かったです。
全貌は現地で確かめてくださいね!

この目玉はゴジラの目らしいです。
ゴジラといえば放射能によって異常に巨大化した生物ですよね。
そのゴジラの誕生の瞬間…を表現していたのではないでしょうか。

目玉に映る映像をよく見てくださいね。
キノコ雲が見えるでしょう。


image
柳幸典「アーティクル9」
CC BY-NC-ND 2.1 JP

タイトルの通り、憲法9条です。
が、条文を映した電光掲示板がバキバキに壊されています。
ゴジラの仕業でしょうか。
9条は平和の象徴ですが、ゴジラに日本語は通じませんからね。


image
柳幸典
CC BY-NC-ND 2.1 JP
(タイトル不明です)

作品とはかなり距離があるのですが、ここから先は入れないようになっています。
核戦争で滅びた地球…と見るのがコンセンサスでしょう。
弊職はゴジラが暴れちゃった後の地球だと思います。

さて、どうして作品に近づけないんでしょうか?
真面目に考えた結果、地球が滅びるのは未来の出来事だからってことかな、と。
現代人が未来を見てはいけないですからね。
未来変わっちゃうので。


ところで、ここまでの展示のストーリーにお気づきでしょうか?
①ゴジラ誕生(目玉のところ)
②日本破壊(9条のところ)
③地球滅亡(遠くにある作品のところ)

また、①→②の伏線が蟻の作品になっているのです。
もうね、怖い今思い出しても怖い

迷路みたいな地下室を、こんな重い作品を追いかけながら進んでいくんですよ!
怖くないですか!?
弊職は1人で行ったのですが、とても怖かった!
怖かったよー!!

実は、弊職の考えたストーリーは後付けです。
自宅に帰ってきてから思いつきました。
会場では怖すぎてそんなこと考える余裕無かったです。

言い換えれば、家に帰ってからも考えられる作品だったということ。
問題作ですね。問題作大好き



②未開拓の地下室

前述のとおり、記念館の地下室って普段入れない場所なんですね。
弊職は記念館の地上階に入ったことがないので、地下室の恐ろしい印象が先に焼き付いてしまいました。
記念館は怖いところだ…。

そもそも地下室にお客さんが入ることを想定していないのだと思います。
照明の設備があまり無さそうな感じでした。
配管とかも剥き出しでね…。

どんな感じかというと、こんな感じ。

image
横浜市開港記念会館の地下(一部)
CC BY-NC-ND 2.1 JP

怖い…!!
暗いし、赤い光が漏れてるし…何このホラー空間!
配管を流れる水の音もなぜかここだけ大きくて、地下室に洪水が流れ込んで溺れちゃう想像とかしてしまいました。


image
柳幸典
CC BY-NC-ND 2.1 JP
(タイトル不明です)

これも何なの…
元からあったものなのか作品なのかハッキリして欲しいですよ…。
怖すぎる。放射能標識のドラム缶あるじゃないですか…。

しかも、この地下室は何となく暑いです。
湿気も溜まっている感じがしました。
地下室ならではの環境なんですよね。
こんなに作品に悪い環境でアートを鑑賞することなんて、今まで無かったです。

とにかく、作品のコンセプトと地下室の雰囲気が相乗効果で、凄くヤバイ空間になっちゃってます。
どこからが作品なのか、どこまでが元々あったものなのか、全然分からないんですよね。
記念館の地下って元々ヤバイ空間だったんだな…って確信しました。



③スタッフさんの優しさが眩しい

そんな恐ろしい展示なので、スタッフさんも人間嫌いなキャラ作ってるのかな?
って思ってたのですが、

全くそんなことなかったです!

むしろ優しすぎるくらい優しいです。
会場はほとんど真っ暗なので、順路が分かりにくかったり、微妙な段差が見えなかったりするのですが、
足元お気をつけくださーい♪
の声とともに、懐中電灯で順路を教えてくれました。

弊職は写真を撮って良いかスタッフさんに聞いてみたのですが、素敵な笑顔
全部撮って大丈夫ですよ!
と言ってくださいました。
弊職は怖くて泣きそうだったので、ギャップにびっくりしました。



逆に惜しかったところ

①入り口が分かりにくい

image

普段開放していない地下室ということで、入り口が特殊なところにあります。
丁度ポケモンGOをやりに来た人でごった返していたので、遠目からだと更に分かりにくかったです。

記念館の正面入り口には地下室への回り込み方が書いてあるので、迷子になって途方にくれるようなことは無いと思うんですけれどもね。
だいたいこの辺です。

image




まとめ

終末への最悪のストーリーを思わせる超問題作!

横浜市開港記念館の作品は、小規模なんかじゃありません。
お客さんが他の2館に比べて少なかったのですが、とても勿体無いです。
怖い!暑い!湿度高い!
普通の美術館では絶対に実現できない展示です。

横浜トリエンナーレ、横浜市開港記念館、ぜひ行ってみてくださいね!



関連情報

横浜トリエンナーレ 公式HP

10/16、ようやく図録が発売になりました!
島と星座とガラパゴス ヨコハマトリエンナーレ2017 公式図録
横浜トリエンナーレ組織委員会
by ヨメレバ



横浜トリエンナーレの他会場の感想レポートです。





更新情報や綺麗な写真をツイートしているので、フォローして貰えたら更に気合いが入ります!


弊ブログのメインコンテンツ。
最新の展覧会情報はこちら。
今月の展覧会
今までに行った展覧会一覧


最後まで記事を読んでくださり、ありがとうございました!
良かったら応援クリックお願いします!
にほんブログ村 美術ブログ いろいろな美術・アートへ
にほんブログ村