アートの定理

「芸術鑑賞はエンタメ!」 を伝えるため、テンション任せな自由ブログを運営中。 展覧会の感想、作品の考察、ミュージアム私小説など、1人井戸端会議を綴っています。

2018年01月

森美術館と空目する美術館の数々。弊職は森美術館の現代アートが大好きで、年パスも持っています。 今、同じ時代を生きる最先端アーティストの作品が見られる、本当に良い美術館です。 素晴らしい美術館なのです。(媚び) ところが、「森」と名付けてしまったため、なんとも …… Read More

凹凸平孔といえば?版! 美術館で版画作品の横の解説パネルに 「リトグラフ」 「エッチング」 「ドライポイント」 とか色々書いてあるのは知っていました。 しかし! それぞれがどんな版画かなんて知らないよ、普通! ぶっちゃけ、こんな細かいことは普通の人は知らなくて …… Read More

10連続エドガー・ドガ作品見せます。ドガはバレリーナの絵で有名です。 かわいい!きれい!のど真ん中の雰囲気なんですが、ちょっと待てよ…? よく見ると薄ら寒い絵が多いのです… ほら、よく見て! というわけで、ドガの絵を10連発で見て覚えましょう! そして題名あいう …… Read More

ブリューゲルとは、うなぎのタレだ。何度でも継ぎ足す。 親から子へ、子から孫へ。 父のやり方を受け継ぎ、自分のセンスを足していく。 そして息子に継承する。 うなぎのタレ方式で美味しくなっていく技術力。 フォーエバー・ブリューゲル。 〜目次〜 1. 展覧会の基本情報 …… Read More

ラファエル前派って何だ!? ウィリアム・ホルマン・ハント「シャロットの女」(1886-1905年) ウォズワース・アテネウム 美術史を勉強していると、唐突に出てくる「ラファエル前派」。 印象主義、象徴主義などと違い、横文字だからかな? 文字からイメージが湧かなくて分かり …… Read More

2月に行きたい美術館の備忘録2月は行く前から既に面白い展覧会が3つも始まります。 行く前から面白いんですよ!? 凄くないですか!? その前に、2月に終わる美術展をおさらい! 2月は穴場的におすすめな展覧会が終わってしまいます。 まだ行ってない人は、美術館へ急ぎま …… Read More

ロマネスク建築とゴシック建築は全然違う。はい、今日は美術検定対策です。 実はね、ロマネスクとゴシックの違いには詳しいんです、弊職。 教科書より分かりやすく説明できる自信あるもんね。 というのも、大学時代、建築学科の学生じゃないのに西洋建築史の講義に出ていた …… Read More

10連続エドゥアール・マネ作品見せます。マネの絵は色彩豊かな印象派とは異なり、冷静に人物を捉えた作品が多いと思います。 ごまかさない、というか。 これを描きたいんだぜ! っていう強い気持ちが伝わってきます。 というわけで、マネの絵を10連発で見て覚えましょう! …… Read More

なんだか激アツなテーマですね。アートの定理は、まあまあ著作権に配慮しているつもりです。 ただ、個人のブログだし絵画の画像を貼ってたところで誰も損しないし得もしません。 だから、あんまり固いこと言うなや、と思うのも半分あります。 ブロガーなら誰しもが避けては …… Read More

広げた風呂敷を、包む。そしてまた広げる。 新世界の動物や植物を、全て自分のものにしたい! オタクが皇帝になると「驚異のコレクション」ができるのです。 知識の広がりとともに拡大していくルドルフ2世の収集欲をご覧あれ! 〜目次〜 1. 展覧会の基本情報 2. 例えばこん …… Read More

↑このページのトップヘ