ミレーとミレイ。

あと、桐谷美玲
この3人の名前はとてもよく似ています。

3人目は冗談としても、ミレーとミレイの違いには、美術ファンの誰もが1度は困惑したことがあるでしょう。
でも、そんな困惑を慰めてくれる本やブログは、今まで無かったと思います。

みんなひっそりと
「ミレーとミレイって似てるよね…どっちがどっちだったっけ?
恥ずかしくて今更聞けないよ…」

と思いながら孤独な生活を送っているのでしょうか?

日本人の名前だと漢字まで同姓同名ってことはほとんど無いんですけどね。
狩野派とか、そういう一門でみんな苗字が一緒っていうのは仕方ないですけど。
あとは歌舞伎みたいに世襲制の場合は本当に仕方がない。

なんか、外国人の名前ってカタカナにしちゃうと区別しにくいことが多いのです。
他にもマネとモネとか、凄く似てますよね。
今日は画家の名前紛らわしすぎ問題について語ります。


ミレーとミレイ。

有名なのは、ミレーの方かな。
フルネームはジャン=フランソワ・ミレーで、フランス人です。
Jean-François Milletと書きます。
フランス語では最後のtは発音しないので、ミレットではなくミレー。

この人は19世紀のバルビゾン派の画家です。
有名な作品は、こんな感じ。

image
ジャン=フランソワ・ミレー「落ち穂拾い」(1857年)
オルセー美術館

image
ジャン=フランソワ・ミレー「晩鐘」(1857-1859年)
オルセー美術館

農民です。
田舎風景を描いた画家として有名なんですね。
倹約的で質素な感じの、色を抑えた絵画です。
もちろん他にも色々と描いてはいますが、ミレーといえば農民です。
とりあえず、収穫系の絵を描いている人と思っておけばOKです。


対するミレイは、ジョン・エヴァレット・ミレイというイギリス人画家です。
John Everett Millaisと書き、こちらもsは発音しません。
理由は分かりません。

19世紀のラファエル前派の画家で、作品はこんな感じ。

image
ジョン・エヴァレット・ミレイ「オフィーリア」(1852年)
テート・ギャラリー

image
ジョン・エヴァレット・ミレイ「黒きブランズウィック騎兵隊員」(1859-1861年)
レディ・リーヴァー美術館

無気力な貴族たちです。そして派手
農民画を見た後だと、目がチカチカするほどの原色です。
ミレイは生命力や意思が無さそうな感じの貴族を描いていることが多いですね。
人形っぽいというか、退廃的な世界観なのです。


どちらも発音は「みれー」なので、文脈での判断になりますけれども。
しかも、同じ19世紀の画家ということで、時代による区別もできないですからね。

「ミレー」「ミレイ」と書き分けることで、発音同じ問題がクリアされたかのような暗黙の了解がある業界には違和感を覚えますけど…。

ちなみに、ウィキペディアにはどちらも「ミレー」と載っています。
分かりにくい!
諸悪の根源!

もし、試験で
「19世紀のヨーロッパを代表する画家ミレーの主な作品と特徴について100字で述べよ」
といった問題が出た場合、農民の方なのか貴族の方なのか分からないじゃないですか。
もー、ほんと辞めてほしいよね。


マネとモネ。

エドゥアール・マネクロード・モネ
この2人も、西洋美術初心者は絶対混同します。
マネは草上の昼食、モネは睡蓮です。
個人的なイメージとして、マネは人物画、モネは風景画って感じで覚えてます。
あと、モネはやたら連作が多い。
睡蓮に、ルーアン大聖堂に、積み藁。

image
エドゥアール・マネ「草上の昼食」(1862-1863年)
オルセー美術館

image
エドゥアール・マネ「オランピア」(1863年)
オルセー美術館

image
クロード・モネ「睡蓮」(1920-1926年)
オランジュリー美術館

image
クロード・モネ「ルーアン大聖堂:扉口(陽光)」(1894年)
メトロポリタン美術館

しかし、カタカナならまだ良いです。
フランス語表記ではManetMonetです。
2文字目がaかoかという違いしか無く、他は全く同じなのです。
なので、疲れているとよく空目します。

とはいえ、マネもモネも彼らの本名なので、本当に仕方がないのです。
どうしようもないので、鑑賞者が空目しないように気をつけるしかないという。
こちらは幸い、滑舌が著しく悪くなければ、発音で区別できますしね。


まとめる。

ミレーとミレイが似すぎていてモヤっとしていたのですが、どうにもできないようです。
マネとモネについても、どうにもできません。
西洋美術ファンは、生涯このモヤモヤと付き合っていかなければならないのです。
なんて業の深い人生なのでしょうか。

と、色々と書いていたら、なんと1500文字を超える大作になってしまいました。
信じられません…!


関連情報

ラファエル前派って何?
という方はこちらのページへ。


マネは感想10本ノックもやりました。
結構、マネの絵を好きになれました。


弊ブログのメインコンテンツは展覧会の感想です。
今月の展覧会
今までに行った展覧会一覧

ツイッターでは更新情報や、展覧会情報をつぶやいています。
毎日呟いてます!



最後まで記事を読んでくださり、ありがとうございました!
良かったら応援クリックお願いします!
にほんブログ村 美術ブログ いろいろな美術・アートへ
にほんブログ村