「芸術家のレモンと鶏肉のスープ」はさわやかな美味しさ!

フェルメール展スープストックコラボメニューが販売されています。 しかし、販売開始の前日に行ってしまったので… ※後日食べてきました。
IMG_1275
代わりに、 ・ゴッホの玉葱のスープ ・芸術家のレモンと鶏肉のスープ を食べてきました! ゴッホの玉葱のスープ食レポ済み。 今回は「芸術家のレモンと鶏肉のスープ」を食レポします!
IMG_1276
チキンがゴロゴロ! 鶏肉の臭みがレモンで完全に消えています。 お肉がジューシーで美味しい! 野菜はセロリが沢山入っていてさっぱり味です。 ちょっとだけレモンの酸っぱい味がするスープ。
IMG_1277
パエリアの味だ!魚介の味だ! と思ったのですが、原材料を見ても魚介は無し。 あれ?私の味覚はザルかな? なんとなく魚介の出汁っぽい味がしたんですけどねー。 セロリって、生だとしんどいけど加熱して柔らかくすると美味しいよね。 緑の葉っぱが何かよく分からないけど、セロリの葉っぱかな? 見た目が大葉っぽいけど、大葉ではありませんでした。
IMG_1278
輪切りのレモンも入ってるので、もっと酸味が欲しい人はぎゅっとスプーンで潰してみてください。 かなり味が変わるはず! ただし、レモンの輪切りをそのまま食べる人は少ないよね? これは残す人が多そうですが… 輪切りをカップの中に入れたまま、スープを飲むのは難しかったです。 レモンが邪魔で、スープにスプーンが入らないのよ。
IMG_1276
美味しいだけに、この食べづらさの誤算は残念。 レモンをカップの外に出せば良いのですが、他にお皿が無いと出せないよね。 私はセットで色々頼んだので、空いたお皿に出しましたが… ちなみに元ネタの絵画は分かりません。 商品紹介では「地中海の芸術家をイメージ」と描いてありますが… 誰のこと?ピカソかな? とりあえずゴーギャンの作品を貼っときますね。 このスープを食べて私が最初に思い出したのが、ゴーギャンのこの作品です。
IMG_1404
ポール・ゴーギャン《果物籠とレモンのある静物》(1880年) ラングマット美術館
さわやかなので、夏に食べたいスープだったなー。 暑い日はおすすめ! セットはライスとパンとフォカッチャから選べます。 フォカッチャは油が凄い。 下の紙がかなり油を吸っちゃってます。
IMG_1279
でも、ふわふわで美味しかったです。 肉厚で満足する食感。 大きめの塩粒がまぶされているのも美味です。 塩粒を噛んだとき、ガリッと粒が壊れて塩味が広がるの。 レモンの酸味と塩は相性が良いし、地中海感が増しますね!
IMG_1274
「芸術家のレモンと鶏肉のスープ」はRサイズ単品で税込み630円。 私はゴッホの玉ねぎのスープも食べたかったので… スープが2つ食べられるセットに。 Sサイズのスープ2つ+ライスorパンで税込み980円でした。
IMG_1275
期間限定で、販売期間は9月24日〜9月28日までとのこと。 ですが、10月4日現在、私が行った八重洲地下街のスープストックでは「芸術家のレモンと鶏肉のスープ」を販売中でした。 期間が延びたのか、店舗限定で販売されてるのか? よく分からない状態です。 見つけたらラッキーと思って、食べてみてくださいね! Share!▶︎ このエントリーをはてなブックマークに追加

関連情報

ゴーギャンの絵画が表紙の本「画家の食卓」を見つけてしまいました! 林綾野さんという、美術と食文化が専門のキュレーターの方が著者。 色んな画家の食をテーマに本を出していらっしゃいますが、この本は総集編って感じかな? 同じくスープストック東京の期間限定スープ「ゴッホの玉葱のスープ」も美味しかったです。 体があたたまるオニオンスープでした! 展覧会とコラボメニューはセットで楽しみたいですよね。 話題のフェルメール展はコラボメニューも多いので、制覇するの大変そう… アフタヌーンティーでは《牛乳を注ぐ女》のパンプディングが食べられます! 有名画家の展覧会も良いけど、こぢんまりしたギャラリーも良いよね。 同時代のアーティストの作品も、きっと好きなものが見つかるはず。 石塚隆則さんの「飛天」シリーズは可愛いクマちゃんなので、女子に大人気です。 弊ブログのメインコンテンツは展覧会の感想です。 最新の展覧会情報はこちら。 今月の展覧会 今までに行った展覧会一覧 ただいま、ツイッターの情報発信を強化中。 ブログ更新情報はもちろん、最新のアートニュースもお届けします。 インスタグラムも。 1人でアート大喜利やってます。 明菜氏のインスタ Instagram 最後まで記事を読んでくださり、ありがとうございました! 良かったら応援クリックお願いします! にほんブログ村 美術ブログ いろいろな美術・アートへ
にほんブログ村