アクセサリーミュージアム 常設展 主観レビュー。

祐天寺のアクセサリーミュージアムを知っていますか? ぐるっとパスが使える隠れ家ミュージアムです。 企画展のミリアム・ハスケル展については既に書いたとおり。 でもね、常設展も凄い! 圧倒的な量のアクセサリーでした。 コレクションは全部で5万点ほどあるらしい…! こんなに揃ってるのは、国内だとここだけじゃない?
FullSizeRender
女子歓喜でしょ、この空間。 ヴィクトリア朝から最近のモードなアクセサリーまで! アクセサリーを中心に、同じ時代のファッションやアートも楽しめる構成になってるんです。
FullSizeRender
田中館長に説明していただきながら展示を見たので、とても勉強になりました。 漠然とアクセサリーを眺めるより、現代史を学ぶことで理解が深まるの。 アンディ・ウォーホルに村上隆もある20世紀のイケイケな時代も。
FullSizeRender
アルフォンス・ミュシャが活躍したアール・ヌーヴォーの時代もあります。
FullSizeRender
インテリアも当時を再現していて、とても素敵なんです! エミール・ガレのガラスも良い。
FullSizeRender
「アクセサリーの展示」というとショーケースに細かいジュエリーが並んでるだけなイメージ… だけど、アクセサリーミュージアムはインテリアやアートにも工夫があるんです。 空間全体で、その時代のミューズの部屋を演出してます。 個々のアクセサリーも見るだけで楽しいのです。 派手なやつを見るの楽しい。
FullSizeRender
意外と、男性と一緒に来ると良さそう。 …と言うと、男性陣は買わされるのかと身構えるのかな…。 そういう意味ではなく、女性の社会進出の歴史なんですよ、アクセサリーやファッションの歴史って。
FullSizeRender
1987年のイケイケ風アクセサリー
長いスカートを短く切って、肩パット入れたジャケットを着て、女性もバリバリ仕事をし始めた時代が、ちょうどバブルの頃。 この頃はアクセサリーも大きくて只ならぬ存在感です。 着けるだけでトレーニングになりそうなアクセサリーもありました。
FullSizeRender
19世紀ヴィクトリア朝時代のカメオ
ヴィクトリア朝、アール・ヌーヴォーの繊細なデザインから一変し、やたらと主張が強い20世紀後半のアクセサリー。 また、最近は平野ノラさんの影響があるのか無いのか、また流行り始めてるみたいですね、肩パット。 ファッションって、「自分がどうありたいか」「どう見られたいか」を示す一番身近なものなんです。 こういう自己表現もあるんだってこと、ファッションに興味が無い人にも知って貰えたら嬉しいな。 そういう意味で、あえて旦那さんや彼氏を誘って行くべきミュージアムです。
FullSizeRender
1950年代アメリカのアクセサリー
分かりますよ、「見かけより中身を磨け」なんてこと。 中身を磨き、それを外見に表す手段がファッションなんです。 女性だって男性に劣らず仕事できます、と言葉ではなく見た目で表現する派手なアクセサリーや肩パット。 アクセサリーの歴史は女性の地位をそのまま反映しています。
FullSizeRender
1969年製作 ディオールのオートクチュール
で、例に漏れずミュージアムショップがあるんですけど、ここの気合も凄い! 超リーズナブルな価格でアクセサリーを販売しています。 高島屋に行く時間があるなら祐天寺に行くべきだね。 ショップについては明日! ※写真は美術館の許可をいただいて撮影しました。 Share!▶︎ このエントリーをはてなブックマークに追加

展覧会基本情報

場所:アクセサリーミュージアム(祐天寺) 営業時間:10:00〜17:00 ※最終入場は16:30まで 休館日:月曜日、日曜日(第4・5)、8月休館(1日~31日)、年末年始 所要時間:1時間 観覧料:一般は1000円 公式HP:http://acce-museum.main.jp/index.html

関連情報

田中元子館長の知識とコレクションが詰まった本も必見。 表紙のワンちゃんのジュエリーも展示してあるのだけど… いかんせん展示数が多いので、見つけられるかな? 企画展のミリアム・ハスケル展も良かった! 田中館長の視点とは違う渡辺マリ先生のコレクションが見られます。 ジュエリーも、コレクターによって集めるものに個性が出るんですね。 ハスケル展の主観レビューは前後編にしました。 後編はこちら。 直近でジュエリーの展覧会って言うと、やっぱりショーメ展ですかね? 普段と書き方を変えて、お嬢様と執事の会話スタイルにした主観レビューは割と受けました。 弊ブログのメインコンテンツは展覧会の感想です。 最新の展覧会情報はこちら。 今月の展覧会 今までに行った展覧会一覧 ただいま、ツイッターの情報発信を強化中。 ブログ更新情報はもちろん、最新のアートニュースもお届けします。 インスタグラムも。 1人でアート大喜利やってます。 明菜氏のインスタ Instagram 最後まで記事を読んでくださり、ありがとうございました! 良かったら応援クリックお願いします! にほんブログ村 美術ブログ いろいろな美術・アートへ
にほんブログ村