ギュスターヴ・モロー展 ― サロメと宿命の女たち ― 主観レビュー。

昨日の続き。 聖書の物語をテーマにしているのに、物語には出てこない謎のシーンを描いた絵画。
IMG_7918
ギュスターヴ・モロー《出現》(1876年頃) 油彩/カンヴァス 142×103cm ギュスターヴ・モロー美術館蔵 Photo©RMN-Grand Palais / René-Gabriel Ojéda / distributed by AMF
ギュスターヴ・モローの《出現》です。 (大好きな絵なので、ここぞとばかりに再掲しまくる人) サロメと生首のヨハネが明るくハッキリと描かれているので、登場人物は2人であるかのように見えますが、よーく見ると暗闇に人がいるのが分かります。 ヘロデ王とか処刑人とか。 普通、生首が空気中に現れたらびっくり仰天して立ち上がったり倒れたりしそうなものですが、彼らは至って冷静。 (そのちぐはぐさに夢っぽさ・幻覚っぽさがあって良いのだけど)
FullSizeRender
『ギュスターヴ・モロー展』展示風景
つまり、生首はサロメにしか見えていないのでは? と考えることができるのです。 未来に貰えるご褒美がサロメにだけ見えたのてはないか、と。 …と、まあ学芸員の萩原敦子さんの受け売りなんですけどね。 図録では他の作品も引用しながらモローの絵画を深く考察していらっしゃいます。
FullSizeRender
『ギュスターヴ・モロー展』展示風景
モローの作品の魅力のひとつは、こうした独自の想像で物語をより劇的に仕上げるところ。 なんだけど、劇的な絵に仕上げるには想像だけでは足りなくて、構図や色使いについては特に研究を重ねたご様子でした。 渾身の1枚を作るのに、画家がどれだけの習作を重ねたのか。 デッサンも展示されているし、配色を試すようにペタペタと大雑把に塗った小品もあって… なんでか分からないけど、側にモローがいるような気持ちに。
IMG_7921
ギュスターヴ・モロー《エウロペの誘拐》(1868年) 油彩/カンヴァス 175×130cm ギュスターヴ・モロー美術館蔵 Photo©RMN-Grand Palais / René-Gabriel Ojéda / distributed by AMF
色といえば、マチエールが多彩なのも最高に良いですね。 マチエールとは表面の絵の具のお肌のことでして、ツルッとしてたり、ガサガサしてたり、色々なんです。 ときにはキャンバスの下地が見えていたりも。 特に、わざとガサガサに描かれた箇所は、見る角度によって光の反射の仕方が異なるので、宝石のようでした。 ジュエリーがキャンバスに貼り付いているように見える部分がありましたよ。
FullSizeRender
『ギュスターヴ・モロー展』展示風景
さて、会場風景の写真もたくさん掲載してきましたが、そろそろ壁の色が気になっちゃって仕方ないですよね? 甘いピンクだったり、優しいグリーンだったり。 これは、今回の展示作品たちを所蔵しているギュスターヴ・モロー美術館の壁紙をイメージしているのです。 その内装が分かる動画も見られて、展示会場とそっくりな壁で驚き! 本家ギュスターヴ・モロー美術館に寄せた内装で絵画を見られるの、とっても贅沢。 しかも、ランプなど小道具が私的で秘密のある空間を演出していて素敵です。
FullSizeRender
『ギュスターヴ・モロー展』展示風景
パナソニック汐留美術館のコレクションの中核を成すのはジョルジュ・ルオーですが、モローはルオーの師匠でもありました。 しかも、ギュスターヴ・モロー美術館の初代館長はルオー。 密接な師弟関係だったからこそ、パナソニック汐留美術館でモロー展をやる意味があるのですね。
FullSizeRender
『ギュスターヴ・モロー展』展示風景
そんなギュスターヴ・モローは1826年4月6日生まれ。 本展が始まるのは2019年4月6日。 奇遇なことに、モローの193歳の誕生日にモロー展が始まるという胸アツな展開…! 行くしかない…! Share!▶︎ このエントリーをはてなブックマークに追加 ※写真はプレス内覧会で撮影

展覧会基本情報

展覧会名:ギュスターヴ・モロー展 ― サロメと宿命の女たち ― 場所:パナソニック汐留美術館(新橋駅) 会期:2019/4/6-6/23 休館日:水曜日(ただし5月1日、6月5日、12日、19日は開館) 開館時間:10:00-18:00(入館は17:30まで)、ただし5月10日(金)と6月7日(金)は20:00まで(入館は19:30まで) 所要時間:1時間 観覧料:一般は1000円(100円割引) 公式HP:https://panasonic.co.jp/ls/museum/

関連情報

弊ブログのメインコンテンツは展覧会の感想です。 最新の展覧会情報はこちら。 今月の展覧会 今までに行った展覧会一覧 ただいま、ツイッターの情報発信を強化中。 ブログ更新情報はもちろん、最新のアートニュースもお届けします。 インスタグラムも。 1人でアート大喜利やってます。 明菜氏のインスタ Instagram 最後まで記事を読んでくださり、ありがとうございました! 良かったら応援クリックお願いします! にほんブログ村 美術ブログ いろいろな美術・アートへ
にほんブログ村