『塩田千春展:魂がふるえる』 主観レビュー。

FullSizeRender
『塩田千春展:魂がふるえる』より、《不確かな旅》(2016年/2019年)展示風景
私の体を構成する60%の水分子が振動を始め、沸騰に向かって温度と体積を増していく。 赤い糸が張り巡らされた部屋は私にとって毛細血管です。 自分の体内を旅するように始まる展覧会でした。
FullSizeRender
『塩田千春展:魂がふるえる』より、《静けさのなかで》(2002年/2019年)展示風景
ずっと楽しみにしていた塩田千春さんの大きな個展が、森美術館で始まりました。 『塩田千春展:魂がふるえる』です。 過去最大の規模で、かつ約25年の制作活動を網羅した個展! と「期待できそう!」感コテコテな紹介がされていますが、そんな想像なんて遥かに上回る展覧会ですよ。 ヤバイぜ。
FullSizeRender
『塩田千春展:魂がふるえる』より、《集積―目的地を求めて》(2014年/2019年)展示風景
吊るされたトランクの中には動きが大きいものがあって、その影が振動するのを見るのが好き。 カタカタと、トランクがぶつかっているのかな? 使い古され、誰かの旅の記憶が詰まったトランク… もしかしたら、幸せな思い出だけではないかも。 それでも、道のように弧を描き高くなっていくトランクは、展覧会を訪れる人を明日へ導くようでした。
FullSizeRender
『塩田千春展:魂がふるえる』より、左:《時空の反射》(2018年/2019年)、右:《内と外》(2009年/2019年)
塩田さんは記憶、不安、夢、沈黙など、形の無いものをパフォーマンスやインスタレーションで表現してきたアーティストです。 私としては、2015年に第56回べネチア・ビエンナーレ国際美術展で日本館代表として作品を展示していたイメージが強く、インスタレーションの作家さんと思い込んでいたのですけれども。 パフォーマンスの映像もたくさん見ることができ、約25年の制作の密度とすべてを貫くテーマに畏怖の念を抱きます。
FullSizeRender
『塩田千春展:魂がふるえる』展示風景
展覧会が生きがいと語る塩田さんは、今回の個展が決定したとき「生きていて良かった。今まで作品を作ってきて良かった」と感じたそうです。 しかし翌日に癌が再発を告げられ、治療と制作は平行して進んでいったとのこと。 抗がん剤治療をはじめ、癌の治療はシステマティックに進んでいき、そこに「塩田さん自身」の存在は無かった。 不条理を心で感じ取ってしまい、なぜ人間は心を持っているのか、自問したそうです。
FullSizeRender
『塩田千春展:魂がふるえる』より、《外在化された身体》(2019年)展示風景
こうしてできた個展が『塩田千春展:魂がふるえる』で、新作となった《外在化された身体》は特別な意味を持つのではないでしょうか。 動物の革が垂れ、塩田さん自身の体を型に鋳造されたパーツ。
FullSizeRender
『塩田千春展:魂がふるえる』より、《外在化された身体》(2019年)展示風景
皮膚は魂の入れ物なのか? 動物は心を持っているのか? 摘出される体の一部は、誰のものなのか? …実際に作品と対峙すれば、あなたが今読んだ文章以上に、魂のありかをえぐる問いを受け取ってしまうはず。
FullSizeRender
『塩田千春展:魂がふるえる』展示風景
会場内の壁には塩田さんの言葉がさりげなく書かれていて、これを読むのも楽しいです。 無駄な形容詞が無く、本質をズバッと捉えた短い文章なんですよね。 作品や展覧会のサイズが大きいので、簡潔な文章が引き締めのアクセントになっていると思いました。
FullSizeRender
『塩田千春展:魂がふるえる』より、《小さな記憶をつなげて》(2019年)展示風景
本展は一部を除き撮影OKなので、心が動いた作品を、良い画角でしっかりカメラに収めたいですね。 魂がふるえすぎて手ブレなされぬよう。 塩田さんの舞台美術の仕事を紹介するセクションも良かったんだよなぁ… 舞台美術のセクションは特に映像作品が多かったので、ゆったり時間を取って再訪します! Share!▶︎ このエントリーをはてなブックマークに追加

展覧会基本情報

展覧会名:塩田千春展:魂がふるえる 場所:森美術館(六本木) 会期:2019/6/20-10/27(会期中無休) 開館時間:10:00~22:00(最終入館 21:30) ※火曜日のみ17:00まで(最終入館 16:30) ※ただし10⽉22⽇(⽕)は22:00まで(最終⼊館 21:30) 所要時間:2時間 観覧料:一般は1800円 公式HP:https://www.mori.art.museum/

関連情報

森美術館といえば、話題のSNSマーケティングの本が出版されたばかりで、今ちょうど読んでるところです。 今回の展覧会も撮影OKエリアが広く、シェアできます! 弊ブログのメインコンテンツは展覧会の感想です。 最新の展覧会情報はこちら。 今月の展覧会 今までに行った展覧会一覧 ツイッターでは、ブログに載せていない写真も掲載しています! インスタグラムも。 1人でアート大喜利やってます。 明菜氏のインスタ Instagram 最後まで記事を読んでくださり、ありがとうございました! 良かったら応援クリックお願いします! にほんブログ村 美術ブログ いろいろな美術・アートへ
にほんブログ村