フェルメール・センター 主観レビュー。

古都デルフトには、フェルメールの絵に描かれた風景や彼が暮らした家があります。 それは前回のフェルメール聖地巡礼記事で書いたとおり。 残念ながらこの街でフェルメールの絵画を見ることはできません。 ですが、『フェルメール・センター』というフェルメールのことなら何でも分かる博物館のような施設があります。
FullSizeRender
ここでは、原寸大の絵画のプリントを見られます。 たった30点超しか作品が残っていないので、一堂に会させやすいフェルメールならではですよね。
FullSizeRender
ただのプリントなので、鑑賞には向かないけど…。 そっちじゃなくて、フェルメール・センターで本当に注目したいのは、こっち!
FullSizeRender
《牛乳を注ぐ女》セットです! 絵画に出てくるものに近い小道具を集め、展示しています。 メイドが壺を両手で持ち上げる幻影が見えます! フェルメール・センターの特徴は、作品や背景をより深く理解するための展示が整っていること。
IMG_8864
フェルメールが使ったという『カメラ・オブスクラ』も体験できます。 これは実際の外の景色を見ているところ。 意外とクッキリ出ていますね。 紙を置いてなぞり書きするのはできそう。
IMG_8863
ただ、カメラ・オブスクラを使うには部屋を相当暗くしないといけません。 まして、映像を絵に写すとしたら線を取るくらいの簡単なスケッチしかできなさそう。 「フェルメールはカメラを使っていた」とだけ書くとチートな感じがしますけど、現代人が思うほどのチートではなかったように感じられますね。 この辺の話はフェルメール会議でも出ました。
IMG_8869
ところで、数年前に《青衣の女》が修復されたのをご存知ですか? アムステルダム国立美術館での修復のドキュメンタリーが、フェルメール・センターで上映されていました。
IMG_8870
実際に《青衣の女》を国立美術館で見た後だったので、修復前の映像や写真を見てボロボロさに驚き。 修復時の調査によって、下地に緑色を使っていることなどが分かったそうですよ。
FullSizeRender
ではどんな緑色なのか…と顔料のサンプルを見に行ったのですが、うーん、多分、これだけではないな… だけど、通称「フェルメールブルー」と呼ばれるウルトラマリンが見られたのは、嬉しかった。 量が他の顔料より少なかった!貴重!
FullSizeRender
ちなみにフェルメール会議のとき、黄色は牛の尿から作られてるって聞いたんですけど、左奥のやつなのかな?
IMG_8891
Caroline Sikkenk作品の展示風景
さて、現代作家の作品コーナーも面白かった。 Caroline Sikkenkさんがフェルメールと同じ構図、似たような衣装で写真を撮った作品です。
IMG_8884
Caroline Sikkenk作品の展示風景
青いターバンにこだわらず、頭の辺りが青ければ帽子でも傘でもOK。 イヤリングもみんな違うものを身につけています。 女の子ばっかりだと思って見てたら、なんと…!
IMG_8885
Caroline Sikkenk作品の展示風景
男の子もいました。 解説でも「girl (or boy)」となっているので、間違いないはず。 フェルメールが生きた17世紀、海上貿易で栄えたオランダは世界の中心的な存在でした。 21世紀の今、世界は地球全体に広がって複雑化しています。 唯一無二の白人の少女を色んな人種でオマージュすることで、17世紀と21世紀の間に思いを馳せられます。
IMG_8799
フェルメールの絵画があるわけではないものの、フェルメールについてどこの美術館よりも詳しく解説しているフェルメール・センター。 デルフトに来たら見逃せない場所ですよー! Share!▶︎ このエントリーをはてなブックマークに追加

美術館基本情報

館名:フェルメール・センター(Vermeer Centrum Delft) 行き方:鉄道やトラムでデルフト駅まで行き、徒歩10分 所要時間:1時間 観覧料:€9 公式HP:https://www.vermeerdelft.nl/en/ 日本語インフォメーション:https://artscape.jp/mmm/contents/c_00169.html

関連情報

文中でも出てきた「フェルメール会議」では、全作解説の半分を担当しました。 デルフトにはフェルメールの聖地がいっぱい! 今回のオランダ・ベルギーで行きたいところリスト。 前回はシンガポールへアート旅に行きました。 読者登録していただくと、LINEに「アートの定理」の更新情報が届きます! 弊ブログのメインコンテンツは展覧会の感想です。 最新の展覧会情報はこちら。 今月の展覧会 今までに行った展覧会一覧 ツイッターでは、ブログに載せていない写真も掲載しています! インスタグラムも。 1人でアート大喜利やってます。 明菜氏のインスタ Instagram 最後まで記事を読んでくださり、ありがとうございました! 良かったら応援クリックお願いします! にほんブログ村 美術ブログ いろいろな美術・アートへ
にほんブログ村