『【 特別展 】桜 さくら SAKURA 2020―美術館でお花見!―』主観レビュー。

山種美術館の『【 特別展 】桜 さくら SAKURA 2020―美術館でお花見!―』に行って来ました! 桜を共通項に展示された絵画からは、日本の暮らしや文化も読み取ることができ、風流な体験ができる空間になっています。
IMG_1016
松岡映丘《春光春衣》大正6年 山種美術館
桜といえば「桜の木の下には死体が埋まっている」という都市伝説を思い出す方も多いのではないでしょうか? あれは梶井基次郎の短編小説『櫻の樹の下には』が元ネタです。 人知を超えた美しさに対して納得できる説明をつけるために、「死体が埋まっている」と考えたのだと解釈しています。 梶井作品の中で最も好きな作品の1つです。
IMG_0998
奥村土牛《吉野》昭和52年 山種美術館
昔から人間を惑わしてきた桜は、本展を見ても、画家を翻弄しているように感じられてなりません。 実物の桜の美を自分なりに解釈して、絵の世界に定着させようとして、もがいているように見えました。
IMG_0987
奥田元宋《奥入瀬(春)》昭和62年
満開の桜に踊る心や、細い枝が風に揺れるのを見たときの心配な気持ちなど、画家が桜に対して抱く気持ちが投影されているようです。 それぞれに異なる桜の描写を見ると、画家によって違う思いを抱いており、実物に圧倒されながら描いていたのでは…と思ってしまいました。
IMG_0984
土田麦僊《大原女》大正4年 山種美術館
また、記号化された桜の花が描かれているのも気になりました。 桜の木を描くときには大量の桜の花を描き込むわけですが、どれも正面から見た花が描かれているケースが多いんですね。
IMG_1018
土田麦僊《大原女》(部分)大正4年 山種美術館
税理士のバッジのような、5枚の花びらが正五角形を作るように配置された桜の花が描かれているんです。 離れたところにある桜の木の花がそう見えることは、現実には無いので、面白い表現です。
IMG_1012
小林古径《桜花》昭和8年頃 山種美術館
細部について言うと、桜の花の薄い色を描くときに使われる白い絵具(胡粉)がやはり好きですね。 絹本に載った胡粉が特に好きだからで、あらためて日本画の中でも、桜が描かれた作品がとりわけ好きだと思いました。
IMG_1014
小林古径《桜花》(部分)昭和8年頃 山種美術館
紙に載った胡粉も良いのですが、絹に載ってると非常に良いです。 特に桜の花びらは胡粉をちょんちょんと載せたような感じが多く、細かいのにふっくらと立体的で、「どうしてこんなに繊細な絵具が絹に張り付いていられるんだろう?」と思ってしまうんですね。 剥がれそうで剥がれない耐えている儚さに惚れているんです。 日本画の繊細さは絹本と胡粉の接着面に詰まっているのではないでしょうか。
IMG_1003
渡辺省亭 月に千鳥・桜に雀・紅葉に小鳥のうち《桜に雀》明治-大正時代 山種美術館
実際、胡粉はとても剥がれやすい絵具です。 しかも、掛け軸に代表されるように、日本画はくるくると巻いて収納されてきました。 こう、想像できますよね、曲げられた瞬間に剥がれ落ちる胡粉が…
IMG_1006
渡辺省亭 月に千鳥・桜に雀・紅葉に小鳥のうち《桜に雀》(部分)明治-大正時代 山種美術館
その儚さが好きなんですよね。 逆説的ではありますが、安心してそんな想像ができるのも、守り伝える美術館の丁寧な仕事があるからです。
IMG_0993
展示風景
最後は胡粉の話になってしまいましたが、日本の風景も技術も楽しめる展覧会になっています。 梶井基次郎が「死体が埋まっているくらいのことがないと釣り合いが取れない」と思った桜の美を、日本の画家はどのように表現したのでしょうか? ぜひ会場で春の景色をご堪能ください。 Share!▶︎ このエントリーをはてなブックマークに追加 ※取材許可を得て撮影しました。

展覧会基本情報

展覧会名:【 特別展 】桜 さくら SAKURA 2020―美術館でお花見!― 会場:山種美術館(恵比寿) 会期:2020年3月14日(土)-5月10日(日) 休館日:月曜日[ただし、5月4日(月)、5日(火)、6日(水)は開館、5月7日(木)は休館] 開館時間:10:00-17:00(入館は16:30まで) 臨時休館:3月28日(土)、3月29日(日)(最新の開館情報は公式HPを参照) 所要時間:1時間 観覧料:一般は1300円 公式HP:http://www.yamatane-museum.jp/exh/2020/sakura2020.html

関連情報

胡粉の載り方など細かいところまで見るなら、単眼鏡で拡大すると良いです! 最近、単眼鏡を持っている人を美術館でよく見かけるようになりました。 銀座では猪瀬直哉さんの個展が開催中。 実力ある若手アーティストです! 上野の森美術館ではVOCA展が開催されています。 注目の現代アーティストの作品が集結! 三菱一号館美術館の『画家が見たこども展』も良かったです。 YouTubeの動画づくりを頑張ってます!
読者登録していただくと、LINEに「アートの定理」の更新情報が届きます! 弊ブログのメインコンテンツは展覧会の感想です。 最新の展覧会情報はこちら。 今月の展覧会 今までに行った展覧会一覧 ツイッターでは、ブログに載せていない写真も掲載しています! インスタグラムも。 1人でアート大喜利やってます。 明菜氏のインスタ Instagram 最後まで記事を読んでくださり、ありがとうございました! 良かったら応援クリックお願いします! にほんブログ村 美術ブログ いろいろな美術・アートへ
にほんブログ村