国立工芸館と『国立工芸館石川移転開館記念展Ⅰ 工の芸術― 素材・わざ・風土』主観レビュー。

東京の竹橋にあった『東京国立美術館工芸館』を覚えていますか? 石川県金沢市に移転し、2020年10月25日に『国立工芸館』としてオープンしました!
image
早速行ってきたのですが、良い感じにパワーアップしておりました。 『国立工芸館石川移転開館記念展Ⅰ 工の芸術― 素材・わざ・風土』には東京で馴染んだ作品もありましたし、金沢の作家に焦点を当てた金沢らしい展示もあります。
image
展示風景
全体的なご紹介は、『楽活』に寄稿しました。 開館記念展の全体像や、建築の由来を知りたい方は、こちらもご覧くださいね。 アートの定理の読者さんは熱心な美術ファンが多いので、ちょっとニッチな部分をピックアップしていきたいと思います。 お伝えしたいのは2つで、工芸作品との距離感が近くなったことと、松田権六という作家についてです。
image
松田権六《蒔絵螺鈿有職文筥》1960年
まず、工芸作品との距離感が近くなったことについて。 多くの工芸作品は生活の中で使われることを想定して作られているので、本当は手に取って見たいんですよね。
image
もちろん手に取ることはできませんが、同館には大きなタッチパネルが導入されており、これを使って作品をよく見ることができます。 コレクションの解説を読んだり、(写真を失念したのですが別のモニターでは)指で操作して360度くまなく作品を鑑賞したりすることができました。 特に茶碗の高台(底の部分)など、展示では見えない所まで見られるのが良いと思いました。 実際に使ってみたらどんな感じなのかな〜と、想像を広げられると思うんですよね。
image
展示方法も工夫されていて、使っているところのイメージが湧くと感じた作品がありました。 こちらの装身具…つまりアクセサリーなのですが、指に嵌めたところを想像できますよね。
image
三代宮田藍堂(宏平)《蠟型鋳金装身具 美豆波乃女1》1977年、《蠟型鋳金装身具 美豆波乃女2》1977年、《蠟型鋳金装身具 美豆波乃女3》1977年
また、現代作家による茶道具の展示も面白かったです。 コロナ禍で難しくはなってしまいましたが、当初は現代作家の茶道具を使ったお茶会の開催を考えていたそうです。
image
展示風景
茶室・茶道具の展示は、開館に先立って行われたクラウドファンディングの支援を受け、現代の作家12名が制作した作品です。 今回の開館記念展で初めてのお披露目となり、今後も国立工芸館で開催されるさまざまなイベントで利用されるそうです。
image
内田繁《茶室 行庵》1993年
クラウドファンディングと新作制作プロジェクトについてはこちら。 ⇒https://crowdfunding.artmuseums.go.jp/
image
展示風景
茶道具も、見るだけでなく使うことで、魅力が分かるし批評もできるはず。 金沢は気軽にお茶会が開かれる文化なのでしょうか? もしご縁があったら、工芸館のお茶会にもうかがいたいです。
image
展示風景
さて、この記事のもう1つのテーマである松田権六(まつだごんろく)について見ていきましょう。 松田権六(1896-1986)は、金沢出身の人間国宝でもある漆芸家です。 国立工芸館では多数の作品が展示されるだけでなく、移転・復元された工房の展示もありました。
image
松田権六《蒔絵槇柏文手箱》1955年
これだけフィーチャーされていると、「私が知らないだけで、もしかして有名人?」と不安になってきましてね…。 というわけで、ツイッターでフォロワーさんにアンケートを取ってみました。 超絶技巧系の展覧会で取り上げられることが多い初代宮川香山(1842-1916)と比較する形で、アンケートを取った結果がこちら。
合計111票の回答をいただき、そもそも松田さんも宮川さんも知らない人が多いことがわかりました。 私のフォロワーさんの関心は西洋美術や現代アートに寄っているからだと思われます。 次に多かったのが「松田さんは知らないけど、宮川さんは知ってる」という人。 私と同じ認識の人ですね。
image
初代宮川香山《鳩桜花図高浮彫花瓶》1871-82年頃
活動した時代が異なるため、本来は適さない比較だったかもしれません。 しかし私の観測範囲では、宮川さんの方が展示機会が多い印象です。 私のフォロワーさんも東京など関東の方が多いと思われますし、同じような展覧会を見ているので宮川さんだけ知っている人が多かったのでは。
image
初代宮川香山《鳩桜花図高浮彫花瓶》(部分)1871-82年頃
ところが金沢では逆の認識の人が多いようで、「松田さんは知ってるけど、宮川さんは知らなかった」という人もいました。 金沢でアンケートを取ったら、結果がかなり違ってくると思われます。 というわけで、松田権六に特に焦点を当てているところに、金沢らしさを読み取ることができると思うんです。 東京で工芸を紹介する場合とは、かなり角度が違うはず。
image
松田権六《蒔絵槇柏文手箱》(部分)1955年
松田さんは漆芸家で、漆と蒔絵を使った金や黒の繊細な装飾が特徴です。 しかも玉虫色に光る貝殻を埋め込む螺鈿を取り入れたり、真珠を作品に用いたりと、漆だけに留まらない工夫が凝らされています。
image
松田権六《蒔絵竹林文箱》1965年
今回の展覧会で作品が展示されるだけでなく、移転・復元された工房や道具などの常設展示もありました。 アイディアを描き留めた手帳にも、美意識がほとばしっています。
image
松田権六の手帳
松田さんに焦点を当てた展示は、金沢ならではだなと感じました。 東京ではここまでフィーチャーされる機会は多くなかったのではないでしょうか? そういう意味では、東京国立近代美術館工芸館の方をよく知っている人も、新たな切り口での作品との出会いが期待できると思います。
image
展示風景
工芸の歴史を持つ金沢にオープンした、国立工芸館。 聞けば、国立工芸館は日本海側では初めての国立美術館なのだそうです。 これからどんな風に地元に受け入れられ、金沢から全国にどんな魅力を発信していくのか、とても楽しみでもあります。 行って良かった美術館なので、金沢を訪れたらぜひ訪ねてみてくださいね。 Share!▶︎ このエントリーをはてなブックマークに追加 ※取材許可を得て撮影しました。

展覧会基本情報

展覧会名:国立工芸館石川移転開館記念展Ⅰ 工の芸術― 素材・わざ・風土 会場:国立工芸館 会期:2020年10月25日(日)-2021年1月11日(月・祝)※一部展示替えあり 休館日:月曜日(ただし11月23日、1月11日は開館)、11月24日、年末年始(12月28日~1月1日) 開館時間:9:30 - 17:30 ※入館時間は閉館30分前まで 観覧料:一般は500円 公式HP:https://www.momat.go.jp/cg/exhibition/the-first-of-the-national-crafts-museums-grand-opening-exhibitions/

関連情報

工芸作品の展覧会は、やはり単眼鏡やルーペなどの拡大できるものを持っていくと良いですよね…。 世界が違って見えますもん。 同じく兼六園の近くにある金沢21世紀美術館にも行ってきました! 『コレクション展 スケールス』では、「写真から想像していたサイズと違う!」という体験をきっかけに作られた展覧会です。 金沢21世紀美術館では、ミヒャエル・ボレマンスとマーク・マンダースを紹介する企画展が開催されていました。 『ダブル・サイレンス』という展覧会名のとおり、静かな空間は傷を癒すことになるのでは。 YouTubeの動画づくりを頑張ってます!
読者登録していただくと、LINEに「アートの定理」の更新情報が届きます! 弊ブログのメインコンテンツは展覧会の感想です。 最新のレビューは「アートの定理 トップページ」からご覧ください。 ツイッターでは、ブログに載せていない写真も掲載しています! 最後まで記事を読んでくださり、ありがとうございました! 良かったら応援クリックお願いします! にほんブログ村 美術ブログ いろいろな美術・アートへ
にほんブログ村