徳川家康にでも転生したのかと思いましたね。
展示作品が豪華すぎる。

FullSizeRender
伝 俵屋宗達《槙楓図》17世紀(江戸時代)山種美術館(全期展示)
『山種美術館所蔵 浮世絵・江戸絵画名品選―写楽・北斎から琳派まで―』が始まりました。 自ら「名品」と言うに値する確かな作品に囲まれ、王にでもなった気分です。
FullSizeRender
岡本秋暉《孔雀図》19世紀(江戸時代)山種美術館(全期展示)
特に注目したいのが、琳派と浮世絵版画のふたつです。 琳派の作品をこれほど見られる機会は少ないこと、浮世絵版画は解説が充実しており勉強になることから、この記事で少し詳しく取り上げたく。
FullSizeRender
展示風景
まずは琳派について。 俵屋宗達、尾形光琳に始まる琳派は、大胆な構図や金箔・銀箔を使った華やかな画面、省略の効いたモダンなデザインなどで知られる日本美術の一大流派。 必ずしも師匠と弟子が直接顔を合わせた関係があるわけではなく、大部分が私淑によって受け継がれてきました。
FullSizeRender
絵:俵屋宗達 書:本阿弥光悦《鹿下絵新古今集和歌巻断簡》17世紀(江戸時代)山種美術館(全期展示)
山種美術館が琳派の作品を多くコレクションしているのは、同館創立者の山﨑種二氏が美術品を蒐集するきっかけとなったから。 江戸時代の琳派の絵師、酒井抱一の作品を見て、蒐集を始めたそうです。
FullSizeRender
酒井抱一《秋草鶉図》【重要美術品】19世紀(江戸時代)山種美術館(全期展示)
酒井抱一《秋草鶉図》には、すすき、女郎花、うずら、月を取り合わせた秋の風景が描かれています。 黒い月は銀箔。 その形は檸檬のようで、地上のうずらの形もよく似ています。 同じ形の繰り返しでリズムが生まれています。
FullSizeRender
酒井抱一《秋草鶉図》(部分)【重要美術品】19世紀(江戸時代)山種美術館(全期展示)
夕暮れの野原にうずらが鳴く光景は和歌でよく詠まれたそうです。 和歌に詳しい方が本作を見たら、うたを連想するのでしょうか? そんな風に世界を見てみたい……。
FullSizeRender
鈴木其一《四季花鳥図》19世紀(江戸時代)山種美術館(全期展示)
抱一の弟子、鈴木其一の《四季花鳥図》は極楽のような屏風。 野に咲く花ですが、根がまとまって花束のよう。 金箔と張り合えるほど鮮やかな花々で、花が咲く音が聞こえてきそうです。
FullSizeRender
鈴木其一《四季花鳥図》(部分)19世紀(江戸時代)山種美術館(全期展示)
埋もれるような鳥もかわいい。 黄色いひよこは一羽だけかな。 どうして色が違うんだろう?
FullSizeRender
作者不詳《竹垣紅白梅椿図》【重要美術品】17世紀(江戸時代)山種美術館(全期展示)
鳥といえば、作者不詳の《竹垣紅白梅椿図》も面白かったです! この大画面に大勢の鳥が隠れているんですよ〜
FullSizeRender
作者不詳《竹垣紅白梅椿図》(部分)【重要美術品】17世紀(江戸時代)山種美術館(全期展示)
何羽隠れているのか数えた結果は、いまトピで紹介しました。 こちらの記事もあわせてご覧ください。
続いて浮世絵版画の話をば。 江戸時代に発展した浮世絵版画は、最初は白黒で刷って手で着色していたのが、多色で刷れるようになった大きな流れがあります。
FullSizeRender
喜多川歌麿《青楼七小町鶴屋内篠原》1794-95(寛政6-7)年頃 山種美術館(前期展示)
女性の顔をアップで見せる浮世絵は、髪の毛がすごい! 「毛割(けわり)」といい、生え際の髪が一本一本描かれています。
FullSizeRender
喜多川歌麿《青楼七小町鶴屋内篠原》(部分)1794-95(寛政6-7)年頃 山種美術館(前期展示)
細かい仕事ができる人は本当にすごい。 高校生の頃、私のノートを拾った同級生が「名前書いてないけど誰の?字の感じ的に男子っぽいけど」と言っていたのを思い出しました。 私に繊細な仕事はできません。 浮世絵は絵師が版下(下絵のような絵)を描いて、彫師が版木に彫り、摺師が紙に刷るのですが、毛割は絵師の版下には描かれません。 彫師がやってるんですよね。
FullSizeRender
歌川広重《近江八景 唐崎夜雨》1834(天保5)年頃 山種美術館(前期展示)
「拭きぼかし」も面白い技法です。 濡らした布で拭いた版面に絵具をのばして紙を置くと、絵具がにじんでぼかしの効果が得られるのだとか。 歌川広重《近江八景 唐崎夜雨》の雨の表現に使われています。 これは摺師の仕事ですね。
FullSizeRender
歌川広重《近江八景 唐崎夜雨》(部分)1834(天保5)年頃 山種美術館(前期展示)
浮世絵の話題には喜多川歌麿や歌川広重など絵師の名前は上るものの、彫師や摺師の名前は上がりません。 彼らの仕事はもっと知られてもいいのでは……彫師や摺師の技量が低かったら、浮世絵は芸術にならなかった可能性だってあると思います。
FullSizeRender
葛飾北斎《冨嶽三十六景 凱風快晴》1830(文政13)年頃 山種美術館(前期展示)
システム開発系の仕事でよくある、上流と下流を思い出してしまうんですよね。 実働部隊は下流なのに、要件定義した上流の成果物になっているみたいな……。 上流も下流も両方大事。
FullSizeRender
葛飾北斎《冨嶽三十六景 凱風快晴》(部分)1830(文政13)年頃 山種美術館(前期展示)
北斎ブルーこと「ベロ藍」、画面に光沢を出す「雲母摺(きらずり)」など、技法まわりの解説が充実していて勉強になりました。 山種美術館の浮世絵版画は保存状態がよく、彫師や摺師のハイレベルな仕事がよくわかります。
FullSizeRender
鈴木春信《梅の枝折り》1767-68(明和4-5)年頃 山種美術館(前期展示)
私の好みは、鈴木春信《梅の枝折り》かな。 塀の模様が面白い。 これが白や黒の塗りつぶしだったら、かなり印象が変わっていたのでは。 遠目で見れば灰色でちょうどよい色だし、近づくと時計の秒針のように規則正しいパターンです。
FullSizeRender
鈴木春信《梅の枝折り》(部分)1767-68(明和4-5)年頃 山種美術館(前期展示)
他にも、狩野派、円山・四条派、伊藤若冲など江戸時代の名品が並びます。 なんだろう、この時代の絵は労力のかかり方が違うんだよなあ。 コスト度外視、こだわりで作られたようなところがあり、人力の可能性と夢を改めて思い知らされます。
FullSizeRender
展示風景
なお、会期中に展示替えがあり、私が拝見したのは8月1日までの前期展示。 8月3日からの後期展示では、一部が入れ替わり、別の作品を見られます。 浮世絵版画はすべて入れ替えになるそうですよ! Share!▶︎ このエントリーをはてなブックマークに追加 ※取材許可を得て撮影しました。

展覧会基本情報

展覧会名:山種美術館所蔵 浮世絵・江戸絵画名品選―写楽・北斎から琳派まで― 会場:山種美術館 会期:2021年7月3日(土)~8月29日(日)※会期中、展示替えあり(前期: 7/3-8/1、後期: 8/3-8/29) 休館日:月曜日 [ただし、8/9(月)は開館、8/10(火)は休館] 公式HP:https://www.yamatane-museum.jp/exh/2021/ukiyoe.html

関連情報

パナソニック汐留美術館では、フィンランドの建築家サーリネンの展覧会が始まりました。 インテリアやデザインでも人気の北欧ですが、そのルーツを探ります。 東京都庭園美術館では『ルネ・ラリック リミックス』展が始まりました! ジュエリーとガラスの作家ラリックは、デザインで宝石の価値を越えようとしたのではないでしょうか。 SOMPO美術館ではフランス風景画の展覧会が始まりました! 雄弁に物語るコローの絵画は大好きです。 YouTubeの動画づくりを頑張ってます!
読者登録していただくと、LINEに「アートの定理」の更新情報が届きます! コメント・メッセージはマシュマロで! ⇒マシュマロを投げる ※ネガティブな内容、性的な内容、スパム等はAIにより削除されます。 弊ブログのメインコンテンツは展覧会の感想です。 最新のレビューは「アートの定理 トップページ」からご覧ください。 ツイッターでは、ブログに載せていない写真も掲載しています! 最後まで記事を読んでくださり、ありがとうございました! 良かったら応援クリックお願いします! にほんブログ村 美術ブログ いろいろな美術・アートへ
にほんブログ村