アートの定理

「芸術鑑賞はエンタメ!」 を伝えるため、テンション任せな自由ブログを運営中。 展覧会の感想、作品の考察、ミュージアム私小説など、1人井戸端会議を綴っています。

カテゴリ: 展覧会の感想

えっ、これがこいのぼり!?モダン端午の節句! こいのぼりの形だけを抽出して、素材の違いを主役にしたインスタレーション。 鱗や顔などのノイズをそぎ落とし、形だけを取り入れたことで、新しいこいのぼりが生まれました。 その分、展示方法や音楽、照明にこだわったから、 …… Read More
国立新美術館

次々に現れる国宝と重要文化財!行けっ!モンスターボール! 長谷川等伯、伊藤若冲など、一度は見ておきたい日本美術がボンボン展示されてます。 ほとんどが国宝、重要文化財と言っても過言ではありません。 その出没率、ポケモンに例えたらポッポです。 「国宝ってレアじゃ …… Read More
東京国立博物館

風景画は、思った以上に自由なジャンル!景色って、こんなにバリエーションがあったんだね。 正直、本展は「風景画」にフォーカスしているため、つまらないんじゃ無いかと思っていたんです。 広い会場で風景眺め続けるってどうよ?と。 でも、想像していた以上に画家の目を通 …… Read More
東京都美術館

現代アートの果汁100%ジュースを、作る直前のような瑞々しさ。 体にいいスムージーは、色んな野菜や果物をミキサーでぐちゃっと混ぜて作りますね。 原美術館のコレクション展も、とにかく色んな作品が揃ってます! 絵画、写真、映像、立体、、、と枠に嵌りません。 混ぜる前 …… Read More
展覧会の感想

臓器たちの過酷な現場、体内。生命とは、エヴァンゲリオン。 1人の人間は、心臓、腎臓、肝臓、大腸などがコミュニケーションを取って動かされていることが分かりました。 明菜という名の初号機に内臓が乗っかっているイメージ。 だから、アラサー孤独ハイテンション美術ブロ …… Read More
展覧会の感想

圧倒的な「こんな人いるよね」感。止まらない才能。 お笑い大好きな弊職が最も好きで、かつ勉強になる芸人さん、ロバート秋山氏。 代表作クリエイターズファイルの世界は、現在進行形で拡大中! この才能に嫉妬しまくる弊職が、ここはあえて真面目に世界観をレポートします! …… Read More
展覧会の感想

作品と自身が共鳴するヌード。痛い。気持ちいい。 人間みんなが持っている体がテーマだから、作品の主人公の気持ちが五感に響きます。 言葉よりも強く伝わる、ある意味危険な美術ですね。 なかなか真面目な展覧会ですが、心臓を内側から握られるような感覚がありました! …… Read More
展覧会の感想

大地と仲良しの建築。太陽のような優しさを浴びました。 ゆるくて柔らかい建物を目標とする隈研吾氏。 我々が知っている建物って硬いので、これは全く非常識な発想です。 なのに、本展に行くと、硬い建物より柔らかい建物の方が良いなぁ。 って価値観になっちゃうのです。 …… Read More
東京ステーションギャラリー

全員に主演美術賞を差し上げます!近現代は日本美術もハリウッド級!岡本太郎や草間彌生など、日本を代表する近現代のアーティストの作品もあり。 知らない芸術家の作品に一目惚れしたり。 同じ時代の日本を生きているから、伝わるソウルがあるのです。 ミュージアムの聖地と …… Read More
展覧会の感想

ショクニンピック金メダル獲得おめでとう!仕組みを知りたい系芸術! 日本の工芸品は美しさはもちろん、「どうやって作ったの!?」というシンプルな驚きがあるのが魅力です。 表面に現れる模様を見るだけでは、内部で何がどんな風に接着されているか分からないのです。 ショ …… Read More
展覧会の感想

↑このページのトップヘ