アートの定理

美術館やギャラリーを取材し、写真やレビューを掲載しています。『楽しく生きてますが何か問題でも?』がモットーのフリーランス。

カテゴリ: 展覧会の主観レビュー

『香りの器 高砂コレクション 展』主観レビュー。『香りの器 高砂コレクション 展』に行ってきました! 「高砂香料工業」という会社が所有する香水瓶などのコレクションを中心に、古今東西の「香りの器」が展示される展覧会です。 手前:エミール・ガレ《アネモネ文香水瓶》 …… Read More
パナソニック汐留美術館

『千葉正也個展』主観レビュー。東京オペラシティ アートギャラリーで、千葉正也さんの個展が始まりました。 絵が迷路のように展示されている構成の面白さもさることながら、「絵から空間に飛び出したのか?私たちが絵に入り込んだのか?」と不思議な経験ができる展覧会です …… Read More
東京オペラシティ アートギャラリー

『河鍋暁斎の底力』主観レビュー。東京ステーションギャラリーで『河鍋暁斎の底力』展が始まりました! 展示風景、手前は河鍋暁斎《人物図巻》(部分)制作年不詳 河鍋暁斎記念美術館 一般的な展覧会だと、完成作品がメインで、下絵は補足資料のような展示のしかたをします …… Read More
東京ステーションギャラリー

特別展『東山魁夷と四季の日本画』』主観レビュー。山種美術館で特別展『東山魁夷と四季の日本画』が開幕しました! 東山魁夷《緑潤う》1976(昭和51)年 山種美術館 東山魁夷の連作「京洛四季」4点が一堂に展示されるのは、なんと約4年ぶり。 《春静》、《緑潤う》、《秋彩》、 …… Read More
山種美術館

『GIGA・MANGA 江戸戯画から近代漫画へ』主観レビュー。すみだ北斎美術館で『GIGA・MANGA 江戸戯画から近代漫画へ』が開幕しました! 江戸時代の北斎、国芳、暁斎などの浮世絵版画や、明治以降に台頭した漫画雑誌や漫画本などの近代漫画を取り上げ、日 …… Read More
すみだ北斎美術館

『眠り展:アートと生きること ゴヤ、ルーベンスから塩田千春まで』主観レビュー。東京国立近代美術館で『眠り展:アートと生きること ゴヤ、ルーベンスから塩田千春まで』が開幕しました! (左)海老原喜之助《姉妹ねむる》1927年 東京国立近代美術館、(右)ペーテル …… Read More
東京国立近代美術館

『東郷青児 蔵出しコレクション~異国の旅と記憶~』主観レビュー。展示風景 SOMPO美術館で『東郷青児 蔵出しコレクション~異国の旅と記憶~』が開幕しました! この時期は『ゴッホと静物画-伝統から革新へ』が開催される予定でしたが、新型コロナウイルスの影響で残 …… Read More
SOMPO美術館

『ベルナール・ビュフェ回顧展 私が生きた時代』主観レビュー。Bunkamura ザ・ミュージアムで『ベルナール・ビュフェ回顧展 私が生きた時代』が開幕しました! 「クール」「かっこいい」といった形容詞が世界一似合う画家です。 展示風景 ビュフェの作品には、どちらかと …… Read More
Bunkamura ザ・ミュージアム

『MOTアニュアル2020 透明な力たち』主観レビュー。東京都現代美術館で『MOTアニュアル2020 透明な力たち』が開幕しました。 清水陽子 作品展示風景 「透明な力」とは、誰かに教えてもらって初めて存在を知るような、簡単には把握できない外力のことだと私は解釈していま …… Read More
東京都現代美術館

『石岡瑛子 血が、汗が、涙がデザインできるか』主観レビュー。東京都現代美術館で『石岡瑛子 血が、汗が、涙がデザインできるか』が開幕しました! 『M. バタフライ』展示風景 アートディレクター、デザイナーとして大衆に向けた新しい表現を切り開いてきた、石岡瑛子( …… Read More
東京都現代美術館

↑このページのトップヘ