アートの定理

「芸術鑑賞はエンタメ!」 を伝えるため、テンション任せな自由ブログを運営中。 展覧会の感想、作品の考察、ミュージアム私小説など、1人井戸端会議を綴っています。

カテゴリ: 展覧会の感想

『みんなのレオ・レオーニ展』主観レビュー。「スイミー」(1963年) スロバキア国立美術館 Swimmy ©1963 by Leo Lionni, renewed 1991/Pantheon On Loan By The Slovak National Gallery 『スイミー』でおなじみの、レオ・レオーニ氏の展覧会が始まりました! スイミーの原画 …… Read More
展覧会の感想

『江戸のスポーツと東京オリンピック』主観レビュー。プレス内覧会の松岡修造さんフォトセッションにて 私が勝手に「修造兄さん」とか「太陽神」と呼んで慕っている松岡修造さんが、音声ガイドナビゲーターを務めるということで! 東京都江戸東京博物館の特別展『江戸のスポ …… Read More
展覧会の感想

『ジュリアン・オピー』主観レビュー。実物の人間よりも大きく、単純化された人物。 でも肌や服の色、歩くときの姿勢が1人1人違うんです。 ジュリアン・オピー《Walking in Boston 3》(部分)(2019年) 「人間以外の生き物から見た人間」ってこんな感じなんじゃないかな。 ロ …… Read More
展覧会の感想

『ジョシュ・スパーリング「Summertime」』主観レビュー。ペロタン東京『ジョシュ・スパーリング「Summertime」』展示風景 うにょうにょが壁にたくさん付いていました! 絵画とも彫刻とも表現できないんですが、これは一体何なのでしょうか? 六本木のギャラリー、ペロタン …… Read More
展覧会の感想

『マリアノ・フォルチュニ 織りなすデザイン展』 主観レビュー。三菱一号館美術館『マリアノ・フォルチュニ 織りなすデザイン展』展示風景 「マリアノ・フォルチュニなら前から知ってるよ!」 という人は、ファッションや芸術にかなり造詣が深いのだと思います。 ちなみに …… Read More
三菱一号館美術館

『ニコラス・ハットフル こころの温度』 主観レビュー。ニコラス・ハットフル《Marina (Vacanze Romane)》(2019年) 美味しそうなジェラート! ですが、ケースに入った海のようにも見えます。 ジェラートを掬うスプーンは、舟を漕ぐオールにも見えてきます。 Photo by KEI OK …… Read More
展覧会の感想

『クリスチャン・ボルタンスキー アニミタスⅡ』 主観レビュー。『クリスチャン・ボルタンスキー アニミタスⅡ』展示風景 乾いた草花がブーケのように置かれていました。 表参道のルイ・ヴィトンのギャラリーは結構好きな場所なんですが。 入った瞬間に土の匂いを嗅ぎ取った …… Read More
展覧会の感想

『メスキータ』 主観レビュー。メスキータ《うつむく女》1913年、個人蔵 Photo: J&M Zweerts 東京ステーションギャラリーで版画家のメスキータを紹介する展覧会が始まりました。 そもそもメスキータのことを、皆さんはご存知でしょうか? 私は本展で初めて知りました。(キ …… Read More
東京ステーションギャラリー

『塩田千春展:魂がふるえる』 主観レビュー。『塩田千春展:魂がふるえる』より、《不確かな旅》(2016年/2019年)展示風景 私の体を構成する60%の水分子が振動を始め、沸騰に向かって温度と体積を増していく。 赤い糸が張り巡らされた部屋は私にとって毛細血管です。 自分の …… Read More
森美術館

国立西洋美術館開館60周年記念 松方コレクション展 主観レビュー。ZOZO前澤さんは、もしかしたら現代の松方幸次郎なのかもしれん。 「松方コレクション展」展示風景 川崎造船所の初代社長、松方幸次郎が買い集めた美術品の展覧会が始まりました。 と言うと大げさなんです …… Read More
国立西洋美術館

↑このページのトップヘ