アートの定理

「芸術鑑賞はエンタメ!」 を伝えるため、テンション任せな自由ブログを運営中。 展覧会の感想、作品の考察、ミュージアム私小説など、1人井戸端会議を綴っています。

カテゴリ: 展覧会の感想

東京インディペンデント2019 主観レビュー。大変な展覧会が始まりました。 えらいことになってます。 「東京インディペンデント2019」が始まりました。 昨日解説したアンデパンダン展なので、ここにはさまざまなバックグラウンドの作家の作品が集まっています。 600人超の …… Read More
展覧会の感想

銀座シックス 食品フロア「Roll」主観レビュー。いつも密かに楽しみにしている、銀座シックスの食品フロアのショーウィンドウがまた変わってたよー!! 今回は巻き寿司の美術館でした。 可愛い!可愛すぎ!! 2つのショーウィンドウで展示されているので、片方が日本画で …… Read More
展覧会の感想

「うつろひ、たゆたひといとなみ」 湊 茉莉展 主観レビュー。ツイッターでは「一反木綿」とか言っちゃったんですけど、たとえであってディスではないですからね。 空調でパタパタしたり、ユラユラしたりするのが、生きているみたいに見えたので、一反木綿だなぁ、と。 (一反 …… Read More
展覧会の感想

藝大コレクション展 2019 主観レビュー 後編。12人兄弟のうち、1人だけが行方不明だったんです。 池大雅《富士十二景図 九月 緑陰雑紅》(江戸時代・18世紀)東京藝術大学(第1期のみ) 12ヶ月の富士山を描いた池大雅の傑作。 …のはずが、九月が行方不明だったので、長らく11 …… Read More
展覧会の感想

藝大コレクション展 2019 主観レビュー 前編。ラファエル・コランと黒田清輝の大きめの作品に迎えられる展覧会。 『藝大コレクション展 2019』第1期 展示風景 「藝大コレクション」と聞くと、皆さんはイメージがありますか? 藝大のコレクションは、学生の勉強のための資料 …… Read More
展覧会の感想

コア・ポア日本初個展『Returnee』 主観レビュー。ぱっと見は抽象画なんですけど、面白い絵画があったから紹介します。 この作品… コア・ポア《Shifting Landscape (Hiroshige)》(2019年) 歌川広重の作品の一部をトリミングして引用してるんですけど、どこか分かりますか? …… Read More
展覧会の感想

『ジョゼフ・コーネル コラージュ&モンタージュ』展 主観レビュー。私が思う最もロマンチストなアーティストといえば、「箱のアーティスト」ジョゼフ・コーネルです。 虫かごのような小箱の中に、彼の美しい世界を守るように詰め込んだ芸術家。 DIC川村記念美術館の「ジョ …… Read More
展覧会の感想

野原邦彦 SOLO SHOW 主観レビュー。アートの定理の推し作家の1人、野原邦彦さんのSOLO SHOW(個展)へ行ってきました! しかし、メインビジュアルの作品は大きすぎてギャラリーに入らないという…! 前回の個展「今夜は本屋でパーティー」の展示風景 手前の作品がホームペー …… Read More
展覧会の感想

バック・トゥ・ザ・江戸絵画 主観レビュー。この…突然に目を引く看板。 私も大好きでたまらない、SFラブコメ全てを詰め込んだハリウッド映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のポスターと空目しますが、日本美術のギャラリー加島美術でした。 「バック・トゥ・ザ・江戸 …… Read More
展覧会の感想

ラファエル前派の軌跡展 主観レビュー。若くて健康でツヤツヤしている人は、私とは住む世界が違うんだと思います。 昼よりも夜を愛し、世をしのぶ仮の姿で生きている私たち。 だからかな、ラファエル前派の元気が無い絵に惹かれているのです。 ジョン・エヴァレット・ミレ …… Read More
三菱一号館美術館

↑このページのトップヘ