アートの定理

「芸術鑑賞はエンタメ!」 を伝えるため、テンション任せな自由ブログを運営中。 展覧会の感想、作品の考察、ミュージアム私小説など、1人井戸端会議を綴っています。

カテゴリ: アート関連本の感想文

「フェルメール会議」がおすすめな3つの理由。 フェルメール展に合わせ、色んなフェルメール本が売られています。 立ち読みして、どれも似たような内容だな…と思ったあなた。 その気持ち、分かります! あとちょっとで「フェルメール会議」という個性的な内容で虹色な本が …… Read More
アート関連本の感想文

「いちばんやさしい美術鑑賞」、いまトピでは半分しか読んでないとほざきましたけど、実は全部読み終わってますからね。 唯一、現代の作家で紹介されているのが池永康晟さん。 17世紀ヨーロッパの絵画から始まった「いちやさ美術」が、今のアートシーンも等しく扱うことに …… Read More
アート関連本の感想文

晴れれば猛暑、降れば豪雨。外出するのも億劫なら、晴読雨読で良いんじゃない? 電子書籍なら自宅にこもったまま、本を手に入れられるのです。 美術関係の本も、電子書籍で読めるものがあるんです。 美術専門誌とか、美術史解説本とか、芸術家の生の言葉とか… Kindle・楽天 …… Read More
アート関連本の感想文

泣ける。どれだけ一生懸命やっても、努力が報われるとは限りません。 仕事だって、勉強だって、何でもそうだよね。 じゃあ、最後に報われれば苦労はチャラになるの? 原田マハさんが芸術新潮に「泣ける印象派物語」として7つのエピソードを寄稿しています。 それぞれ1000 …… Read More
アート関連本の感想文

現代アートは難しくない! 読み終わったー! ツイッターでもちょくちょく言っていた、原田マハさん・高橋瑞木さんの現代アート解説本です。 美術館は好きだけど、現代アートはどうやって見たら良いのか分からない… って人におすすめ! 本の内容作家の原田マハさんと水戸 …… Read More
アート関連本の感想文

「いちまいの絵」は原田マハのエッセイ! この世界には2種類の人間しかいない。 アートを愛し、時に忌み嫌う人間と、アートに興味を持たない人間だ。 はい、中田敦彦流 読書感想文の書き出しで始まりました。 それはともかくとして、ゴールデンウィークは本を読んでいます …… Read More
アート関連本の感想文

負けたい…あたし、負けたいんよ…!負ける建築 逆スポ根的タイトルが目を引く本です。 そもそも建築に勝ち負けがあった、ということに驚きますよね。 彼の言う「強い」建築は、高く積み上げること。 確かに、新しい建物って大体高層ビルですよね。 どんどん、限界は高くな …… Read More
アート関連本の感想文

平松洋さんの本を読みました。弊職のネタ帳に「画家の死因ランキング」という不謹慎なメモがあります。 画家はシビアな死を迎えているという勝手なイメージがありまして…。 そういうのを特集したら面白いかな、と。 いつかブログに書こうと思っていました。 しかし、既に似 …… Read More
アート関連本の感想文

「最後の秘境 東京藝大」を読みました。 2月の読書記録にも書いたとおり、面白かったです! 「東京藝大」って、日本で一番入るのが難しい音大・美大なのです。 しかも、入試も実技のウェイトが大きいので、「模試でB判定ならギリ」的な基準がありません。 日本屈指の芸術家 …… Read More
アート関連本の感想文

仏像に興味を持ってしまった。先日、東京国立博物館で開催している「仁和寺と御室派のみほとけ」展に行ってきました。 昨日は #東京国立博物館 で #仁和寺と御室派のみほとけ 展に行きました。沢山の仏像があって、作った人たちと拝んで来た人たちのパワーを感じました。帰 …… Read More
アート関連本の感想文

↑このページのトップヘ