アートの定理

「芸術鑑賞はエンタメ!」 を伝えるため、テンション任せな自由ブログを運営中。 展覧会の感想、作品の考察、ミュージアム私小説など、1人井戸端会議を綴っています。

カテゴリ: 世界アート紀行

マイアミのイカしたアートを調査!アメリカ合衆国の東海岸、キューバに近い南に位置するフロリダ州… の、南端の方にあるマイアミ。 「マイアミ・バイス」や「CSIマイアミ」の舞台です。 弊職には麻薬カルテルの首領がプールサイドで水着の若い女の子を侍らせているイメ …… Read More

帰りたくない。ずっとここにいたいです 。 展示は現代アートがメインです。 しかし、この美術館では無理して現代アートと向き合わなくて大丈夫。 広い庭園や開放的なカフェでリラックスして、パワーをチャージするのです! 〜目次〜 1. 展覧会の基本情報 2. 例えばこんな作 …… Read More

あなたの知らないアジア。東洋と西洋が出会うハワイ 。 日本の根付が大切そうに展示されていたり、 中国やインドの宗教的な歴史遺産があったり。 ハワイの美術館なんて小規模だろうと高を括っていたら、イメージが大転覆! 一度で世界史の全てを見られて、お腹いっぱいにな …… Read More

王道の中の王道。美術史をなぞるコレクション! 古代ローマ彫刻や、フランスの印象派。 もっとハワイっぽいアートを想像していたので、西洋美術の王道な展示に驚きました。 印象派については日本語の解説パネルもあるし、英語が分からない人にもとてもオススメの美術館です! …… Read More

土着。これは新たなアートのヒントになりそう。 ハワイの洞窟の奥には伝説のドラゴンでも眠っているのでしょうか? そう疑ってしまうほど、神様の像は魔力を溜め込んでいるし、身の回りの自然に神様が宿りすぎています。 ハワイの人々、自然と共に生きすぎ! 〜目次〜 1. …… Read More

南国のパブリックアート・ワールド!クレイジー・ファンタスティック・ドロップキック! 引き続き、ハワイアート紀行の記事です。 カカアコには、日差しがビシバシ降り注ぐ中、負けないくらい元気すぎるアートがありました。 青空とアートが眩しいコミックワールドへ、出発 …… Read More

シンガポールに行って来ました。シンガポールは未来を先取りしたアジアで一番カッコイイ国です。 そんなシンガポールには、街中にパブリックアートがたくさんあるとの情報を入手しました。 わずかな自由時間をすべてアート探索に充てたので、その収穫をお伝えします! ※マ …… Read More

イギリスと日本の美術館を比べてみました。左がロンドンのナショナル・ギャラリー所蔵、右が損保ジャパン日本興亜美術館所蔵のゴッホのひまわり。 共に島国の両国。 似ている所もあれば、違う所も当然あります。 美術館においてもそう。 …と哲学的な始め方をしてみたとこ …… Read More

ロンドンは美術館過密エリアだって知っていましたか?ダ・ヴィンチからピカソまで! ロンドンに行ったからには見ないと損する作品と美術館を紹介します。 〜目次〜 1. 初めてのロンドン観光なら外せないのはココ!  ①ナショナル・ギャラリー  ②大英博物館 2. 生涯の思い …… Read More
2017イギリスアート紀行

ロンドンのヴィクトリア・アンド・アルバート博物館に行ってきました。栄華を極めた大英帝国のコレクションがきらびやかすぎる! 絵画も、彫刻も、宝石も、ドレスも、貴金属も。 ここを宮殿と呼ばずして何と呼ぶのか! ヴェルサイユよりも宮殿で、誰もが王様・王妃になれる博 …… Read More

↑このページのトップヘ