アートの定理

「芸術鑑賞はエンタメ!」 を伝えるため、テンション任せな自由ブログを運営中。 展覧会の感想、作品の考察、ミュージアム私小説など、1人井戸端会議を綴っています。

カテゴリ:展覧会の感想 > 東京都美術館

おべんとう展 主観レビュー。まず、勇気ある名付けを褒めたいです。 その名も「おべんとう展」 「お弁当」は家で作ったものを外で食べるという、よくよく考えると変わった文化でもあるよね。 テイクアウトの逆だからね。 東京都美術館 おべんとう展 - Spherical Image - RI …… Read More
東京都美術館

藤田嗣治展 東京都美術館 主観レビュー。教科書の画像と本物とのギャップが大きい画家を挙げるなら、間違いなく藤田嗣治。 どんな画家にも画像とのギャップはあるけど、藤田は特に。 東京都美術館の藤田嗣治展は「見ないと分からんフジタの良さ」を教えてくれました。 と …… Read More
東京都美術館

風景画は、思った以上に自由なジャンル!景色って、こんなにバリエーションがあったんだね。 正直、本展は「風景画」にフォーカスしているため、つまらないんじゃ無いかと思っていたんです。 広い会場で風景眺め続けるってどうよ?と。 でも、想像していた以上に画家の目を通 …… Read More
東京都美術館

ブリューゲルとは、うなぎのタレだ。何度でも継ぎ足す。 親から子へ、子から孫へ。 父のやり方を受け継ぎ、自分のセンスを足していく。 そして息子に継承する。 うなぎのタレ方式で美味しくなっていく技術力。 フォーエバー・ブリューゲル。 〜目次〜 1. 展覧会の基本情報 …… Read More
東京都美術館

ゴッホ展に行ってきました。ブログを読んでいる暇があるなら美術館へ行こう! ゴッホの絵はスマホやパソコンで見る画像では全く伝わらないと思いました。 本物の絵の具の盛り上がり方や、色彩のパズル的な当てはめ方は、生でなければ見えません。 ゴッホが世界中で愛されるの …… Read More
東京都美術館

ボストン美術館の至宝展、行きましたか?古代から現代まで、世界の美術をザッピング! ここまで色んな作品を見られるとは思っていませんでした。 みんなが大好きな印象派もあれば、馴染みの薄い中国美術やエジプト美術まで。 ここまで多様な作品が一度に来日するなんて凄い! …… Read More
東京都美術館

バベルの塔展、行きましたか?パラレルワールドのSF絵画! ボス、ブリューゲルといえば奇想の絵画。 彼らの創造力は天井を知らず、バベルの塔さながらに世界観を高く高く築き上げます。 世にも奇妙な怪物たちに誘われ、別世界へ飛び込むアミューズメント展覧会でした! 〜 …… Read More
東京都美術館

ティツィアーノとヴェネチア派展に行きました。画家の卓越した表現力が絵画に命を吹き込んだようで、まるで生きているかのような肖像画に出会えました! そんな拍手喝采の展覧会の感想です。 〜目次〜 1. 展覧会の基本情報 2. 気になる混雑状況は? 3. ティツィアーノとヴェ …… Read More
東京都美術館

↑このページのトップヘ