アートの定理

「芸術鑑賞はエンタメ!」 を伝えるため、テンション任せな自由ブログを運営中。 展覧会の感想、作品の考察、ミュージアム私小説など、1人井戸端会議を綴っています。

カテゴリ: 愛が止まらない美術品

モネ「印象、日の出」を巡るミステリー クロード・モネ「印象、日の出」(1872年) マルモッタン美術館 後編はこの絵が辿った衝撃の実話ミステリーです。 前編は、制作年への疑惑でしたね。 2つめのミステリー:盗難事件白昼堂々。モネの「印象、日の出」は、過去に1度、盗難 …… Read More
愛が止まらない美術品

光る絵。クロード・モネ「印象、日の出」(1872年) マルモッタン美術館 絵が発光してるように見えました。 ネットで拾った画像だと、良さが伝わらないけど…。 朝焼けの空がオレンジ色に柔らかく光ってたの。 「モネは光る絵の具で空を塗ったんだね!」 って思ったんです、本 …… Read More
愛が止まらない美術品

見たことのない生き物たち。ワシリー・カンディンスキー「30」(1937年) ポンピドゥ・センター地味! 今回の作品は凄く地味なやつですが、不思議な生き物たち… なんだか、動いているように見えませんか? こちらは抽象画の父、ワシリー・カンディンスキーの作品です。 全 …… Read More
愛が止まらない美術品

「泣く女」と予期せず出会ったとき。パブロ・ピカソ「泣く女」(1937年) テート・モダン 体が固まりました。 この美術館に「泣く女」があるとは知らずにロンドンのテート・モダンに行き、 偶然見つけたときの衝撃ね。 ハッと息を飲んだ、ってよく言うけど、本当にハッて音が …… Read More
愛が止まらない美術品

何回愛してると言っても足りない彫刻。ミケランジェロ・ブオナローティ「ピエタ」(1498-1500年) サン・ピエトロ大聖堂 大理石から作られたとは信じられません。 石から!これが!にゅっと! 出てくるところを! 想像してみてほしい!! 石でできているなんて、嘘だー!! …… Read More
愛が止まらない美術品

↑このページのトップヘ