アートの定理

「芸術鑑賞はエンタメ!」 を伝えるため、テンション任せな自由ブログを運営中。 展覧会の感想、作品の考察、ミュージアム私小説など、1人井戸端会議を綴っています。

カテゴリ: 名所江戸百景 巡礼の旅

3箇所目:歌川広重の名所江戸百景「角筈熊野十二社俗称十二そう」歌川広重「角筈熊野十二社俗称十二そう」(1856年) 弁天池がドドっと大きく描かれています。 それ以外に何もないといえば、何もないですねー。 実はここ、新宿なんです。 しかも、都庁の目と鼻の先! この絵 …… Read More
名所江戸百景 巡礼の旅

2箇所目:歌川広重の名所江戸百景「四ツ谷内藤新宿」歌川広重「四ツ谷内藤新宿」(1857年) 画面の半分を馬のお尻が占める大胆な構図ですね。 しかも点々と馬糞まで描いています。 広重は変な所で律儀です。 この場所は甲州街道で、なにやら賑わっていることが分かります。 人 …… Read More
名所江戸百景 巡礼の旅

1箇所目:歌川広重の名所江戸百景「玉川堤の花」 歌川広重「玉川堤の花」(1856年) 紺の帯のような玉川上水が弧を描きながら遠景に消えていく景色。 外縁をなぞる桜は、花盛りですね。 お花見のお客さんたちの賑わいが聴こえてきます。 広重が江戸のイメージにぴったりな本作 …… Read More
名所江戸百景 巡礼の旅

↑このページのトップヘ