アートの定理

美術館やギャラリーを取材し、写真やレビューを掲載しています。『楽しく生きてますが何か問題でも?』がモットーのフリーランス。

カテゴリ:展覧会の主観レビュー > ポーラ美術館

『モネとマティス―もうひとつの楽園』主観レビュー。ポーラ美術館でモネとマティスに焦点を当てた展覧会『モネとマティス―もうひとつの楽園』が始まりました! ⒸKen KATO モネもマティスも大人気の西洋画家ですが、2人の作風はかなり違うように感じます。 モネは印象派、 …… Read More
ポーラ美術館

『佐藤翠 Diaphanous petals』主観レビュー。ポーラ美術館の楽しみの1つが、若手アーティストを紹介する「HIRAKU Project」です! プレス内覧会に登壇した佐藤翠さん 自然光が差し込む「アトリウム ギャラリー」で、佐藤 翠(さとう みどり)さんの展覧会『Diaphanous petal …… Read More
ポーラ美術館

『モードとアートの香水瓶―ポワレ、スキャパレッリ、ディオール』主観レビュー。全国のお姫さま! 箱根でうるわしの香水瓶を愛でられる展覧会が始まりました。 展示風景 『モードとアートの香水瓶―ポワレ、スキャパレッリ、ディオール』が、箱根のポーラ美術館で始まりま …… Read More
ポーラ美術館

『シュルレアリスムと絵画』主観レビュー 後編 現代のシュール。展示風景 ポーラ美術館で開催中の『シュルレアリスムと絵画 ―ダリ、エルンストと日本の「シュール」』について。 前編ではフランスでのシュルレアリスムの始まりから、20世紀の日本に伝わったところを追ってみ …… Read More
ポーラ美術館

『シュルレアリスムと絵画』主観レビュー 前編 ブルトンから近代の日本まで。近代・現代アートって「一目で理解できないもの」が多いですよね。 シュルレアリスムも「よく分からないアート」と思われがち…ですが。 イヴ・タンギー《聾者の耳》(1938年) 東京国立近代美術館 …… Read More
ポーラ美術館

『半澤友美「The Histories of the Self」展』主観レビュー。ポーラ美術館のエスカレーターを降りる最中、驚きましたね! 展示風景 今回の「アトリウム ギャラリー」での展示は、壁や床を覆い尽くすように展示された『紙』でした! 半澤友美さんの「The Histories of the Se …… Read More
ポーラ美術館

『シンコペーション:世紀の巨匠たちと現代アート』主観レビュー後編。※アートの定理YouTubeでは美術館の動画を配信しています。 ポーラ美術館で『シンコペーション:世紀の巨匠たちと現代アート』が始まりました。 書きたいことが多すぎて1記事で収まらなかったので、これ …… Read More
ポーラ美術館

『シンコペーション:世紀の巨匠たちと現代アート』主観レビュー前編。※アートの定理YouTubeでは美術館の動画を配信しています。 現代アートを楽しむには、耳も重要です。 もちろん目で見て楽しむこともできますが、最近のアートは視覚だけでなく聴覚にも刺激を広げていま …… Read More
ポーラ美術館

大山エンリコイサム「Kairosphere」 主観レビュー。不思議にリズム感と躍動感のある壁画。 コム・デ・ギャルソンともコラボした美術家、大山エンリコイサムさんもポーラ美術館で個展を開催中です。 大山エンリコイサム《FFIGURATI #245》(2019年) Artwork ©️Enrico Isamu …… Read More
ポーラ美術館

印象派、記憶への旅展 主観レビュー後編。今回は「モネすっごーい!」といった印象に頼る鑑賞だけではありません。 最新の科学調査結果が展示されていて、どこぞの高校生探偵のような名推理が展開されていました。 フィンセント・ファン・ゴッホ《草むら》(1889年) ポーラ美 …… Read More
ポーラ美術館

↑このページのトップヘ