アートの定理

「芸術鑑賞はエンタメ!」 を伝えるため、テンション任せな自由ブログを運営中。 展覧会の感想、作品の考察、ミュージアム私小説など、1人井戸端会議を綴っています。

カテゴリ: 東京都現代美術館

百年の編み手たち - 流動する日本の近現代美術 - 主観レビュー後編。近現代を特集した東京都現代美術館の企画展「百年の編み手たち」。 後編は2000年代、2010年代の作品から。 前編はこちら。 展示室は2つだけ撮影OKで、1つは開けた感じのスペースでした。 (もう1つは …… Read More
東京都現代美術館

百年の編み手たち - 流動する日本の近現代美術 - 主観レビュー前編。現代美術というと 「なんかよくわかんないクニャッとした土でできた何か」 的な、「分からない」の3乗みたいなイメージ無いですか? ある意味、そのイメージって洗練されてるのかもしれません。 と、リ …… Read More
東京都現代美術館

↑このページのトップヘ